fbpx

事前予想が通用しない近年の選挙「自民優勢」報道に死角はあるか?=坂本彰

世論調査で与党合計300議席超えが見込まれる衆院選ですが、事前予想が通用しないのが近年の選挙です。波乱の可能性も頭の片隅に入れておきたいところです。(『日本株投資家「坂本彰」公式メールマガジン』坂本彰)

プロフィール:坂本彰(さかもと あきら)
株式会社リーブル代表取締役。サラリーマン時代に始めた株式投資から多くの失敗と経験を積み、株で勝つための独自ルールを作り上げる。2009年10月に130万円だった株式資産は、2016年に6000万円を突破。定期預金などを合わせた資産は1億円超。2012年より投資顧問業(助言)を取得。現在、著者自身が実践してきた株で成功するための投資ノウハウや有望株情報を会員向けに提供するかたわら、ブログやコラム等の執筆活動も行う。前職はラーメン屋という異色の経歴。メールマガジン『日本株投資家 坂本彰 公式メールマガジン』は2014年まぐまぐマネー大賞を受賞。読者数2万人。雑誌等のメディア掲載歴多数。主な著書に『小売お宝株だけで1億円儲ける法』(日本実業出版社)日本証券アナリスト協会検定会員候補。

【関連】サラリーマンの「一生働かずにすむ金が欲しい」はなぜ危険なのか?=午堂登紀雄

与党「楽勝ムード」はどこまで本当? 10月22日衆院選のポイント

世論調査は自民有利

明日22日に衆議院の総選挙が行われます。投資家というスタンスだと、自民党を支持している方が多いのかなと感じます。

自民党が勝利となった場合、アベノミクスが継続されますし、海外投資家も買いを継続するでしょう。そのため、日経平均株価はさらに続伸することが予想されます。

著書『10万円から始める高配当株投資術』54ページで書いたシナリオが実現し、2万2000円あたりまで上昇するのではないでしょうか。

NHK世論調査によりますと、自民党の支持率は32.8%となり、他の政党と比べて圧倒的に有利です。

出典:NHK

出典:NHK

公明党と合わせた与党合計で、300議席超えを見込む展開となっています。

最近の「選挙予想」は外れている

しかし、事前予想が通用しないのが近年の選挙です。

海外に目を向けると、2016年6月。離脱しないと思われていた英国がEU離脱という結果になり、株価は1日で1200円以上暴落しました。

11月の米国大統領選挙でも、クリントン氏有利と伝えられながらも、実際はトランプ大統領が勝利しました。このタイミングも日経平均株価は1000円近い乱高下となりました。

毎日新聞が実施した特別世論調査で、衆院選後も安倍晋三首相が首相を続けた方がよいと思うかを聞いたところ、「よいとは思わない」が47%で、「よいと思う」の37%を上回りました。首相の支持率は、政党支持率と逆の結果なのです。

Next: 内閣支持率の低い高齢者層が波乱要因に?その時株価は…

1 2

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい