fbpx

DeNA、ユニバーサルスタジオと提携を発表し、注目を集める任天堂は今買うべき?

時価総額3兆円を支える未来があるか

DeNAやユニバーサルスタジオとの提携で株価は急上昇し、時価総額は3兆円を超えています。時価総額3兆円を支えるためには、PER20倍だとしても純利益が1,500億円、営業利益にして2,500億円くらいは欲しいところです。

任天堂が利益を伸ばすには、
(1)Wiiヒット前の状態への回帰、
(2)様々な方法による売上の拡大、
(3)新たな会社の定義、が必要だと考えます。

(1)でWiiヒット前の状態へ回帰できれば、売上高5,000億円、営業利益1,000億円は達成できます。ただし、そのためには人件費の削減など、大規模なリストラが必要です。

(2)はスマートフォン用ゲームのヒットやテーマパークの収入、キャラクターグッズの発売などです。

スマートフォン用のゲームでは、日経ヴェリタスで「(営業利益が)仮に3本のヒットが出れば252〜315億円、5本なら420〜525億円」とされています。

ポジティブに見積もって500億円くらいとしましょう。その他はライセンスビジネスをしているサンリオを参考に、最大で200億円とします。

(1)と(2)を足すと、営業利益1,700億円程度で、まだ目標の2,500億円には届きません。そこで、(3)新たな会社の定義が必要になります。

例えば「マリオパーク」のようなものを作り、ゲームの世界を実際に体験してみるというのも面白いかもしれません。
こうすれば、テーマパークとゲームで両方の売上拡大が期待できます。
マリオの可能性は無限大とも言えます。

とはいえ、(1)のリストラすらできていない状況で、
3兆円の時価総額を見るのは時期尚早でしょう。
次の戦略が出るか、株価が下がってくるのを待つのが賢明です。
僕の投資判断はいつも慎重なのです。

株式投資図鑑』(2015年4月28日号)より一部抜粋

無料メルマガ好評配信中

株式投資図鑑の銘柄情報

[無料 週2~3回] 長期投資のためのサイト「株式投資図鑑」の新規投稿を発信します。株式投資図鑑では長期投資家のための銘柄情報を掲載しています。メルマガに登録すれば、最新の更新を逃すことなく読むことができます。ぜひご登録ください。 ご購読はこちら!

いま読まれてます

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー