fbpx

日経平均株価は年初来高値をまた更新!しかし過熱感から利確売りの場面も!

本日の日経平均価格は、5日連続で続伸。年初来高値を20日に引き続き更新しました。しかし、後場では過熱感を警戒してか、利益確定売りに押される場面も。これについてまぐまぐの人気メルマガ『プロの視点。今、乗るべき銘柄が見えてくる。』では本日の総括を配信しています。

日経平均株価は5連騰!警戒感はあるものの続伸で着地

外部要因に大きな変化はなく、連日で買い優勢の展開となった本日の株式相場ですが、後場では株価指数がマイナスに転じる場面もあるなど、さすがに短期過熱感から利益確定売りに押される場面も確認されています。

日経平均株価は5連騰。連日で年初来高値を更新しました。前述したようにマイナスに転じる場面もありましたが、結局は続伸着地を果たしています。

さて、前営業日配信版では「指数に新値追いの期待 新規投資を始めるタイミング」と題していました。

場中では利益確定売りに押される場面が見られたものの、前営業日取引終盤でも利益確定売り圧力は確認されており、短期過熱感が高まるのは致し方ないところか。ただ、目立った買い材料がないなかでも日経平均株価は連日の年初来高値更新を果たしたあたりには、指数の新値追いに付く意識が高まっている証拠ではないでしょうか。

当欄でも「米国で経済指標発表、FOMC議事録。後半には日銀金融政策決定会合などイベント、来週明けに米国市場休場を控えるものの、好地合いのなかでは、むしろイベント警戒よりもイベント通過後の上放れに備えておきたいところでしょう」と記していましたが、イベント直前でも買い気は強く、基本線ではイベント通過後も強調展開が見込まれるでしょう。

プロの視点。今、乗るべき銘柄が見えてくる。』(2015年5月21日号)より一部抜粋

無料メルマガ好評配信中

プロの視点。今、乗るべき銘柄が見えてくる。

[無料 日刊]
もう相場で迷わない。証券ディーラーとして20年以上、株式相場で果実を手にし続けた独自理論が相場の流れを分析。今、乗るべき銘柄が見えてきます。
ご購読はこちら!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー