fbpx

DeNA、ユニバーサルスタジオと提携を発表し、注目を集める任天堂は今買うべき?

時価総額3兆円を超える世界的企業、任天堂。最近はDeNAやユニバーサルスタジオとの提携を発表し、投資家の注目を集めています。はたして今は「買い時」と言えるのでしょうか。長期投資家のための銘柄情報などを掲載する無料メルマガ『株式投資図鑑』では、その点について言及しています。

任天堂ってどんな会社?

任天堂は言わずと知れたゲーム製造会社です。
他の事業はほとんどやっていません。
1983年にファミリーコンピュータを発売して以降、世界の家庭用ゲームをリードしてきました。

任天堂の名を世界に知らしめたのが、2006年のWiiの発売です。
家族で体を動かしながら楽しめるこの商品は生活のあり方を変えるとまで言われ、2007年に時価総額は10兆円を超えました。
当時の日本市場ではトヨタ、三菱UFJに次ぐ第3位の水準です。

2008年度にはWiiを2,500万台、3DSを3,100万台、ソフトはそれぞれ約2億本を販売しました。
そのときの業績はうなぎのぼりで、売上高1.8兆円、営業利益5,000億円まで到達しました。

しかし、このとんでもない業績が任天堂にとって不運だったのです。

Wiiのヒットの後、間の悪いことにスマートフォンの普及が急速に進みました。人々の関心はそっちに流れ、WiiやDSの売上は急速に減少しました。
2011年度には営業赤字を記録してしまいます。

もう任天堂に未来はないのでしょうか。
実は、ここで一旦冷静になる必要があります。

売上高の推移に着目すると、Wiiがヒットする前の約5,000億円は今も上回っていることがわかります。スマートフォンに押されながら、WiiやDSに対する需要は確かなものがあるのです。

最近発売されたWiiUのマリオカートやスマッシュブラザーズは世界中で300〜600万本を売り上げるヒット作となっています。
DSでもマリオカートやポケモンは1,000万本級のお化けタイトルです。

それでも利益が出ていないのは、販売管理費が以前に比べてかさんでしまっているからです。

Wiiの世界的なヒットに対応するために、人や設備を増やしました。
それが今になってダブついているのです。
販売管理費を除く売上総利益は約2,000億円と、Wiiがヒットする前の健全な水準まで戻っています。

Next: 任天堂に時価総額3兆円を支える未来があるか

1 2

無料メルマガ好評配信中

株式投資図鑑の銘柄情報

[無料 週2~3回] 長期投資のためのサイト「株式投資図鑑」の新規投稿を発信します。株式投資図鑑では長期投資家のための銘柄情報を掲載しています。メルマガに登録すれば、最新の更新を逃すことなく読むことができます。ぜひご登録ください。 ご購読はこちら!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー