fbpx

MSQを前に反発は不十分。今後の最高シナリオと弱気シナリオは?(3/9)=橋本明男

今日の東京株式市場は円安により反発はしましたが、急伸する為の条件には不十分。そこで、チャートの型から、また今日の大引けから、今後の最高シナリオを計算してみます。(『相場コラム『わしの罫線』』橋本明男)

3ヶ月後に日経平均23400円前後は可能、ただ急落の可能性も残る

まずは明日のTOPIXに注目

円安傾向という事で反発は致しましたが、急伸する為の条件には不十分でした。

日経平均は64円高の19318円、TOPIXは4.43ポイント高の1554.68ポイント、出来高は概算16億株で終わっております。

明日はメジャーSQ。SQ算値はいくらになるかは分かりませんが、私はメジャーSQ前の日経平均の大引けだけを計算したチャートを持ち合わせております。

12月SQ前日の日経平均の大引けは18765円でしたから553円上がっております。これで3回連続高です。1年前、昨年3月のSQ前日は16852円でしたから、1年で2466円の上げです。

さてチャートの型から、また今日の大引けから、今後の最高のシナリオというものを計算してみますと、これより3ヶ月後、6月SQ前日である6月9日の大引けは23400円前後が可能です。その場合は夏までに25800円台が可能となります。

あくまでも計算上です。が、日経平均SQ前日のチャートは今日の段階でも大相場型となっておりますので、私は十分に期待しております。

日経平均株価 日足(SBI証券提供)

日経平均株価 日足(SBI証券提供)

TOPIX 日足(SBI証券提供)

TOPIX 日足(SBI証券提供)

米ドル/円 日足(SBI証券提供)

米ドル/円 日足(SBI証券提供)

では下げる事は無いのかと問われるならば、まだ急落の可能性は残っております。まず明日は週足が確定致しますが、大切なのはTOPIXです。本日1554.68ポイントで終わっておりますが、もしも明日、13ポイント高1567と終わって来れば、その時点で下げは無くなります。

明日、7ポイント安1547ポイントと終わった場合には、非常に不安の残るチャートになります。その場合は来週の月、火の2日間が重要となります。急落の場合、来週の火曜日には1502ポイントと来ます。当然月曜日は1525ポイントと2月27日の安値を切って来ますから、見ていれば分かります。

さて、しんどい日が続きますが、まず明日はTOPIXについて悲観もせず、楽観もせず、現実を受け止める時です。

では皆様の御健闘を祈ります。

【関連】「ほぼ日」株、買ったらどうなる?“糸井さん流”との賢い付き合い方=栫井駿介

【関連】イエレンとトランプの「戦い」 警戒される3月15日危機の切り抜け方=藤井まり子

【関連】「陰鬱博士」マーク・ファーバーが警告する米国強気相場の死=今市太郎

相場コラム『わしの罫線』』(2017年3月9日号)より一部抜粋、再構成
※太字はMONEY VOICE編集部による

無料メルマガ好評配信中

相場コラム『わしの罫線』

[無料 平日刊]
チャーチスト歴35年!【橋本罫線考案者】テクニカルのプロである橋本明男が毎日綴る相場コラム。日々の株式市場の動向から、短期的・中期的な相場の行方を予測。また、東証1部の銘柄を中心に、今が狙い目の個別銘柄の情報も掲載しています。

文中に紹介されている価格については、掲載日時点のものとなります。実際の価格は購入先ページでご確認ください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい