fbpx

独医薬品大手バイエルはなぜモンサントを買収するのか?=三橋貴明

ドイツの医薬品大手バイエルが、遺伝子組み換え作物の種子で世界最大のシェアを持つモンサントを買収しようとしています。なぜバイエルはモンサントが欲しいのでしょう?(三橋貴明)

記事提供:『三橋貴明の「新」経世済民新聞』2017年3月13日号より
※本記事のタイトル・リード・本文見出し・太字はMONEY VOICE編集部によるものです

【関連】「TPPは中国包囲網」というまやかし。亡国の全農解体を阻止せよ!=三橋貴明

【関連】ヤマト運輸の「悲痛な値上げ」をもたらしたアベノミクスの限界=島倉原

恐ろしすぎる「遺伝子組み換え作物」と「医薬品」の最悪な出会い?

医薬品大手バイエル、遺伝子組み換え作物大手モンサント買収へ

ドイツの化学・医薬品大手のバイエルが、遺伝子組み換え作物の種子で世界最大のシェアを持つモンサントを買収しようとしています。昨年9月に、バイエルが約7兆円でモンサントを買収することが両社間で合意されましたが、まだ買収が実現したわけではありません。

なぜ、バイエルは、モンサントが欲しいのでしょう?

今年の1月、バイエルとモンサントの首脳が、トランプ大統領に買収の利点を説明しています。

両社は、「農薬におけるバイエルの幅広い品ぞろえと業界最先端であるモンサントの種子関連技術を組み合わせることで、農作物に関わる画期的開発を加速することができる」と、主張しています。
※参考:バイエルとモンサント、トランプ氏に合併の利点アピール – WSJ(2017.1.12)

モンサントは、言わずと知れた「遺伝子組み換え作物」の最大手です。遺伝子組み換え作物を食した結果、健康を害する可能性は、現時点で誰も否定できません。

そして、バイエルは医薬品大手です。

モンサントを買収し、健康を害する遺伝子組み換え作物を世界に広め、治療薬を開発、販売するという「ビジネスモデル」の成立を、三橋は「想像」してしまうわけです(あくまで「想像」ですよ)。

とはいえ、上記の想像が正しいと仮定すると、遺伝子組み換え作物のIPハンドリングを続ける全農や全農グレインを、穀物メジャーが目の敵にしている現実に納得がいってしまうのです。

【関連】杞憂に終わる「ダウ暴落」イエレン利上げで米国株式市場が死なない理由=江守哲

【関連】日本経済の供給力と生産性を破壊し続ける「消費増税の大罪」=内閣官房参与 藤井聡

【関連】公明党市議団の「大バクチ」に破壊される大阪市と日本の未来=内閣官房参与 藤井聡

三橋貴明の「新」経世済民新聞』2017年3月13日号より

無料メルマガ好評配信中

三橋貴明の「新」経世済民新聞

[無料 ほぼ日刊]
●テレビ、雜誌、ネットで話題沸騰!日本中の専門家の注目を集める経済評論家・三橋貴明が責任編集長を務める日刊メルマガ。三橋貴明、藤井聡(京都大学大学院教授)、柴山桂太(京都大学准教授)、施光恒(九州大学准教授)、浅野久美(チャンネル桜キャスター)、青木泰樹(経世論研究所 客員研究員)、平松禎史(アニメーター・演出家)、宍戸駿太郎(國際大学・筑波大学名誉教授)、佐藤健志(作家・評論家)、島倉原(評論家)、上島嘉郎(ジャーナリスト/元「正論」編集長)などの執筆陣たちが、日本経済、世界経済の真相をメッタ斬り! 日本と世界の「今」と「裏」を知り、明日をつかむスーパー日刊経済新聞!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい