fbpx

ビットコインの価格を操っているのは誰なのか? 汚れたマネーが引き起こす第二の暴落

暗号通貨全体が大暴落する可能性がある

一時期、ウォール街の投資銀行によるビットコインに対するネガティブな発言が相次いで発せられましたが、今は、打って変わって仮想通貨の取引における違法なトレードさえも見過ごそうとしています。

それは、投資銀行が、富裕層のために、ビットコインの価格を操作して買い集めているからで、少しずつ値を上げながらも、いずれ、それが放出されるとき、暗号通貨全体の大規模な暴落が起こる可能性があるということです。

そのとき、資金は、どこに移動するのでしょう。それは、金(ゴールド)であるはずです。

つまり、そう遠くないうちに(ゴールドの価格がそれほど上がっていないうちに)、ビットコインの売り抜けが用意されており、第二、第三の大暴落を引き起こそうというシナリオが浮上してくるのです。

続きはご購読ください。初月無料です<残約19,000文字>

※以下、メルマガ第243号『株式、FX、暗号通貨は、すでにボット(bot)と人工知能(AI)に支配されている』の全見出しです。ご興味をお持ちの方は初月無料のお試し購読をどうぞ。

ビットコイン市場大暴落の主犯は、やはりテザー疑惑だった

疑惑の解明を棚上げにして、暗号通貨市場を浮揚させる国際金融ネットワーク

株式・FXでもフラッシュ・クラッシュが仕掛けられている

人工知能 vs 人工知能による株式、FXトレード合戦が始まっている

いよいよ株式市場、債券市場とも赤信号が点滅!

恐怖指数が瞬間的に37を突破!市場崩壊の大イベントはスタンバイ状態!

ビットコイン市場は、株式市場の崩壊のときに資金の避難先になりうるのか

ひんぱんに起こる「フラッシュ・クラッシュ」

市場で取引されているビットコインの量が極端に少ない理由

1987年のブラックマンデーは、一世代目のボット(bot)が引き起きした

ビットコインの価格操作は、確認されている限りでも2013年から続けられている

ビットコイン市場は、スプーフィー(Spoofy)の不吉な雲の中から脱出できない

ビットコインは、バビロンに通じる「心理兵器」

バビロンの復活とビットコイン

わずか数十秒で、約十分の一に値を下げたネオ(NEO)

スプーフィング(spoofing)」の実際

ボットは、投機家たちの情動を利用して価格操作に乗り出す

事前にボットを発見して、罠に嵌められない方法

果てしないボットとの“軍備拡張競争”

「ペインティング・テープ」は、ボットによって現代に引き継がれている

3月のG20までは、仮想通貨市場は暗雲の中を彷徨う


※本記事は、『カレイドスコープのメルマガ』 2018年2月10日第243号パート2の一部抜粋です。ご興味を持たれた方はぜひこの機会に今月分すべて無料のお試し購読をどうぞ。本記事の全編『株式、FX、暗号通貨は、すでにボット(bot)と人工知能(AI)に支配されているその1その3もすぐ読めます。

【関連】ビットコイン「ガチホ時代の終焉」と計画的急落。株式市場の連鎖崩壊は起こるか?

<初月無料購読で今すぐ読める! 1月のバックナンバー>

※いま初月無料の定期購読手続きを完了すると、以下の号がすぐに届きます

・テザー疑惑がパーフェクトストームを引き起こし、金(ゴールド)の価格を上昇させる(2/1)
テザー疑惑がパーフェクトストームを引き起こし、金(ゴールド)の価格を上昇させる
虚しい希望を売りつけるビットコイナーたち
ビットコイン大暴落の理由を探し回る人々
商品先物取引委員会(CFTC)によるテザーの召喚は、ビットコインの転機になる
盗まれたテザーは、ビットフィネックスのウォレットアドレスに送られた
暗号通貨市場の大暴落は、金(ゴールド)の価格の上昇圧力となる
etc.

・株式、FX、暗号通貨は、すでにボット(bot)と人工知能(AI)に支配されている(その1)(2/8)
ビットコイン市場大暴落の主犯は、やはりテザー疑惑だった
疑惑の解明を棚上げにして、暗号通貨市場を浮揚させる国際金融ネットワーク
株式・FXでもフラッシュ・クラッシュが仕掛けられている
etc.

・株式、FX、暗号通貨は、すでにボット(bot)と人工知能(AI)に支配されている(その2)(2/10)
いよいよ株式市場、債券市場とも赤信号が点滅!
恐怖指数が瞬間的に37を突破!市場崩壊の大イベントはスタンバイ状態
ビットコイン市場は、株式市場の崩壊のときに資金の避難先になりうるのか
ひんぱんに起こる「フラッシュ・クラッシュ」
市場で取引されているビットコインの量が極端に少ない理由
1987年のブラックマンデーは、一世代目のボット(bot)が引き起きした
ビットコインの価格操作は、確認されている限りでも2013年から続けられている
etc.

・株式、FX、暗号通貨は、すでにボット(bot)と人工知能(AI)に支配されている(その3)(2/12)
ビットコイン市場は、スプーフィー(Spoofy)の不吉な雲の中から脱出できない
ビットコインは、バビロンに通じる「心理兵器」
バビロンの復活とビットコイン
わずか数十秒で、約十分の一に値を下げたネオ(NEO)
スプーフィング(spoofing)」の実際
ボットは、投機家たちの情動を利用して価格操作に乗り出す
事前にボットを発見して、罠に嵌められない方法
果てしないボットとの“軍備拡張競争”
「ペインティング・テープ」は、ボットによって現代に引き継がれている
3月のG20までは、仮想通貨市場は暗雲の中を彷徨う
etc.

<こちらも必読! 月単位で購入できるバックナンバー>

2月分すべて無料の定期購読手続きを完了後、各月バックナンバーをお求めください。

・「投機的実行」のコンピュータによってビットコイン→株式市場崩壊が引き起こされる可能性(その3)(1/29)
あらゆるPCや携帯電話の90%が犯罪者に個人情報を差し出している
22年間も「投機的実行」機能が搭載されているCPUが原因でハッキングを受けていたことを誰も知らなかった
それは、近未来に確実に起こるであろうこと
etc.

・「投機的実行」のコンピュータによってビットコイン→株式市場崩壊が引き起こされる可能性(その2)(1/29)
バーナンキの権謀術数に嵌められてしまうリップラーたち
プロトレーダーが、価格を人工的に吊り上げて暗号通貨市場をインフレ化させる
欧米が危惧するビットフライヤーのビットコイン・デリバティブ取引
暗号通貨市場と株式市場ととを結ぶチャンネル
etc.

・「投機的実行」のコンピュータによってビットコイン→株式市場崩壊が引き起こされる可能性(その1)(1/25)
2018年、暗号通貨市場の肥料になりたくなければDYOR!
2018年はバンドワゴンの饗宴が阿鼻叫喚の悪夢に変わるかも!?
ドルは奴隷が好む幽霊通貨、ビットコインは無知が好む通貨もどき
NSAのブロックチェーンの寿命は短い
etc.

・ドル指数、VIX指数がともに変化-暗号通貨から金(ゴールド)へ一部の資金が移動か(1/19)
ロバート・キヨサキ氏も金(ゴールド)を信じている
金(ゴールド)の本当の価値を隠すための経済学
ビットコインETFが認可されれば、壮大なバブルが始まる
先行利益を確保したビットコイン長者たちは金(ゴールド)へのシフトを考えている
政府・中銀はコントロールを喪失。世界的なパニックが迫っている
ドル指数が告げる通貨の崩壊
etc.

・国際金融エリートたちが、30年以上前から計画してきた世界電子法貨が姿を現す(その3)(1/15)
国際決済銀行(BIS)は、すべての中央銀行に法定デジタル通貨を発行させたい
1990年頃から始まった日銀の極秘プロジェクト「電子現金プロジェクト」
MUFGコインは、日銀の法定電子通貨のプロトタイプか!?
「バンコール」こそが、世界統一デジタル通貨なのか
etc.

・国際金融エリートたちが、30年以上前から計画してきた世界電子法貨が姿を現す(その2)(1/15)
コンスピラシー・セオリー(陰謀論)は、1967年にCIAによって考案された
ビットコインには、世界統一デジタル通貨の登場まで地ならしをしておく役目がある
世界統一通貨が登場するとき、ビットコインは禁止されるかもしれない
3年後、銀行は仮想通貨を導入している
etc.

・国際金融エリートたちが、30年以上前から計画してきた世界電子法貨が姿を現す(その1)(1/11)
2018年の暗号通貨市場は質的に転換する?
暗号通貨市場が一度クラッシュした後で暗号化システムの統合が起こる
2018年はとうとうインフレが顕在化する年になる
世界政府の中央銀行システムによる世界電子法貨がビットコインにとって代わる!?
etc.

・暗号通貨の主役交代と量子コンピューティングによって激変する暗号通貨市場(その3)(1/8)
仮想通貨投資は、後発組ほどリスクが増大する
第三の選択ー「量子耐性の次世代型暗号通貨」
一瞬でブロックチェーンの暗号をすべて解いてしまう量子コンピュータ
期待される3種類の量子耐性の暗号通貨
etc.

・暗号通貨の主役交代と量子コンピューティングによって激変する暗号通貨市場(その2)(1/7)
2018年は、メンタルを鍛えた人が勝ち残る年になる
エリート層の不祥事発覚と没落が始まる
仮想通貨市場はインサイダーだらけ
凡人が富豪になる道を見つけるには、1円以下のお宝を発掘できるどうかにかかっている
etc.

・暗号通貨の主役交代と量子コンピューティングによって激変する暗号通貨市場(その1)(1/4)
2018年はリップル他、強力なアルトコインが市場を牽引する
未来学サイトは、「2018年はリップルの年になる可能性がある」と見ている
暗号通貨市場では市場原理が働かない
バブルは人為的に引き起こされ、計画的に破裂させられる
etc.

12月配信分
・世界通貨「ビットコイン」は、NSAが開発した!?(その3)(12/31)
・世界通貨「ビットコイン」は、NSAが開発した!?(その2)(12/31)
・世界通貨「ビットコイン」は、NSAが開発した!?(その1)(12/29)
・ブロックチェーンとジョン・ゴールト(フィリップ・ロスチャイルド)とのつながり(12/21)
・2018年、さようならビットコイン!こんにちはビットコインキャッシュ!(その2)(12/17)
・2018年、さようならビットコイン!こんにちはビットコインキャッシュ!(その1)(12/14)
・「サトシ・ナカモト」の正体と人工知能政府の実現のために開発されたブロックチェーン(その2)(12/9)
・「サトシ・ナカモト」の正体と人工知能政府の実現のために開発されたブロックチェーン(その1)(12/8)

11月配信分
・「ビットコインにはバブルはやってこない?」-人工知能政府の誕生を後押しするウォール街(11/30)
・恐怖のサイン点滅!2018年からは銀行システムの外側に避難すべき!(11/27)
・2018年の激動の年を前に避難先を失った富裕層の資金がビットコインに流入する!?(11/16)
・ドル崩壊のときにビットコインは本物の資産として通用するのか(その2)(11/13)
・号外【ビットコインに激変】(11/13)
・ドル崩壊のときにビットコインは本物の資産として通用するのか(その1)(11/9)
・「超権力」が人工知能を導入する前に各国政府は準備しなければならない(その2)(11/5)
・「超権力」が人工知能を導入する前に各国政府は準備しなければならない(その1)(11/2)

10月配信分
・SDRの暗号通貨化を計画するIMFと表舞台から姿を消すビットコイン(その4)(10/30)
・SDRの暗号通貨化を計画するIMFと表舞台から姿を消すビットコイン(その3)(10/27)
・SDRの暗号通貨化を計画するIMFと表舞台から姿を消すビットコイン(その2)(10/23)
・SDRの暗号通貨化を計画するIMFと表舞台から姿を消すビットコイン(その1)(10/19)
・中国とロシアは膨大な金(ゴールド)を背景に米ドルを崩壊させる(10/12)
・衆議院総選挙に忍び寄る親ワシントン(グローバリズム)の影(10/5)

9月配信分
・円を金(ゴールド)に替えて中央銀行の通貨システム詐欺の外側に避難する(9/28)
・グローバルなベーシック・インカムが、ブロックチェーンによって開始された!(その4)(9/26)
・グローバルなベーシック・インカムが、ブロックチェーンによって開始された!(その3)(9/26)
・グローバルなベーシック・インカムが、ブロックチェーンによって開始された!(その2)(9/24)
・グローバルなベーシック・インカムが、ブロックチェーンによって開始された!(その1)(9/21)
・ロシア最強の暗号通貨「クリプトルーブル」とイーサリアム開発者のICOバブルの警告(9/14)
・脱ドル化本格始動-ユーラシア新通貨システムによる世界秩序(その2)(9/10)
・脱ドル化本格始動-ユーラシア新通貨システムによる世界秩序(その1)(9/7)

【関連】日本を襲う新たな貧困「ブロックチェーン格差」の自己責任を乗り越えろ=鈴木傾城

【関連】FRBの最強通貨「Fedコイン」とビットコイン、NSA(米国家安全保障局)を結ぶ点と線

【関連】なぜ買い豚も売り豚も自滅するのか?「次の暴落」が怖くなくなる投資術=鈴木傾城

1 2 3 4

「カレイドスコープ」のメルマガ』(2018年2月10日第243号パート2より一部抜粋、再構成)

初月無料お試し購読OK!有料メルマガ好評配信中

『カレイドスコープ』のメルマガ

[月額770円(税込) 毎週木曜日(祝祭日・年末年始を除く)]
『カレイドスコープ』は、よく「目から鱗」と言われます。国内外の確かな情報を、いくつも紡いで面にしたときに、初めて世界で起こっている事象の深層に迫ることができます。今こそ、ご自分のアングルと視座をしっかり持って、視界ゼロメートルの霧の中から脱出してください。

いま読まれてます

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー