fbpx

インサイダー情報ギリギリの生の声「社員の口コミ」を活用した投資術=栫井駿介

日経新聞朝刊にこんな記事が掲載されました。「社員口コミ 投資も左右 投稿もとに企業文化を定量評価」。この記事を見て「あー気づかれてしまったか」と思いました。何を隠そう私も転職サイトを投資の貴重な情報源としているからです。(『バリュー株投資家の見方|つばめ投資顧問』栫井駿介)

プロフィール:栫井駿介(かこいしゅんすけ)
株式投資アドバイザー、証券アナリスト。1986年、鹿児島県生まれ。県立鶴丸高校、東京大学経済学部卒業。大手証券会社にて投資銀行業務に従事した後、2016年に独立しつばめ投資顧問設立。2011年、証券アナリスト第2次レベル試験合格。2015年、大前研一氏が主宰するBOND-BBTプログラムにてMBA取得。

投資の判断材料に。下手なアナリストよりもわかりやすくて的確だ

転職サイトは貴重な情報源

日経新聞朝刊にこんな記事が掲載されました。

転職や就職を考えたときにまず気になるのは、その会社の評判だろう。中でも参考になるのは、実際に働いている社員の口コミ情報だ。そんな口コミサイトが林立する中、書き込まれた口コミ情報をビッグデータとして分析し、投資に活用する取り組みが始まっている。会社側が公表するデータや資料からは読み取れない企業風土や信用力などが分かるとして米国では投資に活用されているサイトもある。今後、日本でも投資判断を下す際の手掛かりの一つになるかもしれない。

出典:社員口コミ 投資も左右 投稿もとに企業文化を定量評価 – 日本経済新聞(2018年3月13日配信)

この記事を見て「あー気づかれてしまったか」と思いました。何を隠そう私も転職サイトを投資の貴重な情報源としているからです。

新聞や雑誌では決して見られないオブラートに包まない意見

ただし、使い方は記事にあるような「スコア」で定量化を図るというものとは少し異なります。もっと定性的な、社員の「生の声」を参考にするのです。

私の投資の情報源は、原則として有価証券報告書を中心とする開示資料です。これを読めば、その企業のビジネスモデルや強み、リスクをおおよそ把握することができます。

もちろん、そこに書かれていることだけで十分ではありません。そのため、ホームページや新聞・雑誌記事からインタビューや取材記事を読むことで、経営者の考え方などわからない部分を補います。

しかし、ホームページや新聞・雑誌の記事は少なからず「バイアス(偏り)」がかかっているものです。ホームページでは自社のことをよく見せようとするのが当たり前ですし、新聞・雑誌もよほど不祥事でもなければ悪いことは書きません。

そこで活躍するのが「転職口コミサイト」です。サイトの性質上匿名が絶対条件であり、実際に勤めている(勤めていた)社員のオブラートに包まない意見がゴロゴロと書かれています。

ここまでの内容は、直接社員にインタビューしてもなかなか答えてくれるものではないでしょう。匿名だからこそ悪い意見も書け、書いている内容も自分のことであるため切実です。

Next: インサイダー情報ギリギリの新鮮な情報がゴロゴロ転がっている

1 2

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー