fbpx

「ギリシャ君、きょう提出の宿題は進んでいますか?」元為替ディーラー・小林芳彦

きょう15日はギリシャ改革案の一部提出期限。チプラス首相はギリシャ国民の60%が反対した緊縮財政案をまとめなければなりません。その内容を元敏腕為替ディーラーの小林芳彦氏が解説します。

ギリシャ国民が最も嫌がる改革案、きょう提出期限

15日のギリシャの改革案提出期限までは、市場では少しは静かな時間が訪れるのではないかと思っています。

昨日まではギリシャ問題がどのようになるか財務相会合や首脳会談がひっきりなしに行われて、その都度発言が山のように出て市場関係者は全く気が抜けない展開だったと思います。

きょう15日が提出期限となっているものは、

  1. 付加価値税(VAT)率の簡素化
  2. 広範な課税
  3. 年金削減
  4. 国家統計局の独立

法制化するということで、口約束ではなくはっきり明文化し、今後の責任を持たされるものです。

課税対象を広げ、且つ年金を削減するのは草案がしっかりと決まっていれば大変ではないのですが、一番国民が嫌がる改革、国民の60%が国民投票で反対した緊縮財政案を自らの政治的信条を曲げて、自分が率先してまとめて提出しなくてはならないというこの難題をチプラス首相がどう対処してくるか興味がありますね。

今回のギリシャを追い込んだドイツの厳しい対応に、同じ南欧のフランス、スペイン、イタリア等が反発していますが、メルケルは全く動ぜずぶれもしませんでした

大したものだな~。

ヒロセ通商LION FXオンライン口座開設はこちらから
http://hirose-fx.co.jp/

小林芳彦・今の一押し戦略』(2015年7月14日号)より一部抜粋
※太字はMONEY VOICE編集部による

無料メルマガ好評配信中

小林芳彦・今の一押し戦略

[無料 日刊]
外国為替市場でのドル/円取引を中心にした今の一押し戦略を毎日配信。
▽ヒロセ通商LION FXオンライン口座開設はこちらから
http://hirose-fx.co.jp/

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい