fbpx

米投信の資金フローに異常あり。株・債券からの「同時資金流出」が始まっている

世界同時株安の発生前、米国投資信託の資金動向に異常が?マーケットの需給に大きなインパクトを与える米投信を定期的にチェックしているメルマガ『いつも感謝している高年の独り言』の解説を見てみましょう。

株式型、債券型投資信託の両方から資金が逃げ出した7~8月

暴落直前の資金動向

世界の株式が大きく下落した8月下旬。それよりも1週間前の米国投資信託の資金の動きを、いつものように確認します。

NYダウ 週足 9/3引け時点 (SBI証券提供)

NYダウ 週足 9/3引け時点 (SBI証券提供)

以下のグラフを見て下さい。赤色グラフは米国株式型投資信託、ピンク色グラフは債券型投資信託です。単位はM$です。

(ア) 米国株式型投資信託の資金の動き(月次)です。

(イ) 米国株式型投資信託の資金の動き(週次)です。

(ウ) 債券型投資信託の資金の動き(月次)です。

(エ) 債券型投資信託の資金の動き(週次)です。

株式型投信は3月以降、6ヶ月連続の流出です。4月、7月(推計)、8月(予測)はいずれも月次で約20B$レベルです。200億ドルですから2兆4千億円の流出になります。

2008年第4四半期以降で初めての異常

株式型から流出する場合、通常は債券型へ流入するものですが、最近はそうなっていないのです。債券型投信は7月(推計)、8月(予測値)の2ヶ月連続の流出になる見込みです。

株式型、債券型の両方から資金が逃げ出した7~8月の投資信託資金の動きは、2008年第4四半期以降では初めて起きた異常な現象です

安全資産だったはずの債券が敬遠されたのです。金利を生まない現金の方がマシだと言うのでしょうか?それなら金利を生まない安全なものが他にもあるはずです。

世界株式型投信だけで言えば流入ですが、米国型+世界株式型の合計額となるとマイナス、即ち流出となります。全種類の投信全体合計は7月22日の週を除けば、全週で流出です。

米国発の報道では「中国政府が買い支えているのに、投資家が資金を市場から引き上げるため株価が下落している」と騒いでいます。

しかし現実には、「米国政府が買い支えているのに、投資家が投信を売却しているため株価が下落している」のですから、なんと虚しい事でしょう。

【関連】ロシアのシリア空爆で明らかになった「米軍によるイスラム国支援」

いつも感謝している高年の独り言(有料版)』(2015年9月1日号)より一部抜粋
※太字はMONEY VOICE編集部による
初月無料お試し購読OK!有料メルマガ好評配信中

いつも感謝している高年の独り言(有料版)

[月額660円(税込) 毎週月・火・水・木・金曜日(祝祭日・年末年始を除く)]新聞等に報道されない海外でのディープな情報をお届けします。出来る限り、時代を先取りした情報やデータをお届けします。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい