fbpx

対中追加関税延期でドル円はリスクオフの動きも、先行きはまだ不透明な展開(12/3)

G20の米中首脳会談で対中追加関税の発動を90日間延期することが決まったことで、とりあえずリスクオフの動き。しかし、市場には不透明な要因が多く注意が必要だ。(『トマスモア 外為相場情報 -勝つための最強法則-』)

ドル円は米中首脳会談を終えて、いったんリスクオフの動き

USD/JPY:ドル高方向に頭打ちの感が

G20の米中首脳会談では、2019年1月に発動予定だった2,000億ドル規模の対中追加関税の発動を90日間延期することが決まった。とりあえず、リスクオフの動きになりそうだ。ただ市場にはまだ不透明な要因がいくつか残されている。米国の長期金利の動向、欧米の株式市場の動向、米国の利上げ問題、英国のEU離脱交渉の行方、イタリア予算問題、トランプ大統領の発言の影響など対処する課題が多々ある。総じて今週は平穏か。

米10月ISM製造業景気指数が今月の米経済指標の第一弾であるが、全体にリスクオンの動きが主流となりそうなことから、ドル高に振れやすい局面が想定される。しかし、米長期金利の低迷が気になる。

200日修正指数移動平均レート(Ajust Exponential Moving Average: MEMA)は111.21、90日指数移動平均レートは111.61、55日指数移動平均レート112.17、 21日移動平均レートは113.04、10日移動平均レート113.30です。

<直近2週間の実績レンジ>

高値114円04銭 / 安値112円30銭 半値113円17銭

<今後1週間の予想レンジ>

高値114円75銭 / 安値112円75銭

ドル円 日足(SBI証券提供)

ドル円 日足(SBI証券提供)

Next: ユーロ円の今後の動向は…

1 2 3

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい