fbpx

中国経済は余命3年? トランプ「HUAWEI製品は使うな」で試される日本の立ち位置=中矢伸一

トランプ政権は日本を含む同盟国に対して中国の通信機器大手HUAWEIの製品を使わないようにと要請。現地情報を見聞きをする限り、いよいよ中国崩壊は近そうです。(『中矢伸一のメールマガジン「飛耳長目」』中矢伸一)

※本記事は有料メルマガ『中矢伸一のメールマガジン「飛耳長目」』2018年11月26日号の一部抜粋です。ご興味をお持ちの方はぜひこの機会にバックナンバー含め今月分すべて無料のお試し購読をどうぞ。

プロフィール:中矢伸一(なかや しんいち)
「日本弥栄(にほんいやさか)の会」代表。3年に及ぶ米国留学生活を通じ、日本と日本民族の特異性を自覚。帰国後、英会話講師・翻訳・通訳業に携わる一方、神道系の歴史、宗教、思想などについて独自に研究を進める。1991年、それまでの研究をまとめた『日月神示』(徳間書店)を刊行。以後、関連した書籍を相次いで世に送り出す。これまでに刊行した著作は共著やリメイクを含めて70冊以上。累計部数は100万部を超える。

中国政府はもうお金がない?現地で見聞きした経済危機の兆候とは

トランプ政権、セキュリティリスクを懸念して異例の通達

トランプ政権が、日本を含む同盟国に対し、中国の通信機器大手「HUAWEI(ファーウェイ)」の製品を使わないようにと要請しているそうです。

私の住む大宮(埼玉県)の駅近くにあるビックカメラの建物の壁にも、ファーウェイのデカい広告が貼られています。

いつの間にこんなものが流行り出したのか。私もかねてより苦々しく思っていましたが、トランプさんも同じ気持ちだったみたいで(笑)、こういう通達を出すに至りました。

日本としては、どうするんでしょうか。

自民党内に親中派を多く抱える安倍政権としては、苦しい対応を迫られているのではないかと推察します。まあ、アメリカから言われちゃったんで…ということを理由に、ファーウェイなんか切っちゃえばいいと思うんですが。

日本は立ち位置をしっかり決めるとき

米国と中国との軋轢は、ますます激しさを増しています。トランプさんは、本気で中国を追い詰めるつもりのようですね。

日本政府は、ここでしっかり軸足をどこに置くか覚悟を決めないといけません。

もう、アメリカにくっついていればいいという時代ではないし、かと言って、中国につくなどという考えは論外です。

日本は日本として自立しつつ、米国、中国、ロシアといった大国と渡り合わなければいけない。そういう時代なのです。

中国はもう持たない?

「中国はもう持たない」「まもなく崩壊する」と言われてからすでに何年も経っていますが、なかなかそうなりません。

中国事情に精通している知識人からすれば、「ネトウヨのデマだ」「中国が世界の覇権を取るのはこれからだ」ということになるのかもしれませんが、あながちデマでもなかったようです。

私が最近聞く複数の情報を総合しても、やはり中国はあと何年も持ちそうにないからです。

Next: 中国政府はもうお金がない?現地で見聞きした崩壊の兆候

1 2 3

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい