fbpx

バフェットも落ちたバリュートラップを避け、優良銘柄を「できるだけ安く」買う方法=栫井駿介

バイ&ホールドを基本とする長期投資では、買う価格に徹底的にこだわらなければなりません。では、どうすればできるだけ安く買えるのか。バフェットの投資術から学びます。今回は、つばめ投資顧問代表・証券アナリストとして活躍し、マネーボイスの人気著者でもある栫井駿介氏の連載『誰でもバフェット投資術 ~ バイ・アンド・ホールドで人生100年時代の資産を築く』第5回をお届けします。

プロフィール:栫井駿介(かこいしゅんすけ)
株式投資アドバイザー、証券アナリスト。1986年、鹿児島県生まれ。県立鶴丸高校、東京大学経済学部卒業。大手証券会社にて投資銀行業務に従事した後、2016年に独立しつばめ投資顧問設立。2011年、証券アナリスト第2次レベル試験合格。2015年、大前研一氏が主宰するBOND-BBTプログラムにてMBA取得。

【連載第1回】日経平均、27年ぶり高値圏へ。今こそ身につけたい「誰でもバフェット投資術」

【連載第2回】バフェットは投資先のどこを見る? 潰れる会社の見分け方と避けるべき2つの業種

【連載第3回】なぜバフェットはコカ・コーラを選んだのか? 優れたビジネスにある3要素とは

【連載第4回】持ち続けるだけでお金持ち。生涯を共にする「売る必要のない優良銘柄」と出会う方法

問題は「いつ買うか」。投資家に求められる銘柄選択の力とは?

意識すべき「2つの安さ」

バイ&ホールドを基本とする長期投資では、買う価格に徹底的にこだわらなければなりません。もちろんそれはできるだけ安く買うということであり、買値が最終的なパフォーマンスを左右します。

「安さ」の基準には「絶対的な安さ」と「相対的な安さ」があります。絶対的な安さとは、PERに代表される財務数値を基準とする株価水準のことです。一方、相対的な安さとは、一時的に株価が下落することを言います。

投資家はこの両方を意識した取引を行わなければなりません。すなわち、絶対的な安さを持つ銘柄を選定し、その銘柄が相対的に安くなるタイミングで買うことが長期投資でのパフォーマンスを上げる条件となるのです。

絶対的な安さ:PERを入り口に「ストーリー」を想像する

まずは「絶対的な安さ」について説明します。

株価は決して適当についているわけではありません。株式は企業の権利をバラバラにしたものですから、基準となるのは常に企業の価値です。企業の価値は業績や保有資産によって測ることができ、これらの財務数値を基準に「妥当」と思われる水準を探ることが投資の基本原則です。

最もポピュラー指標がPERでしょう。企業の目的は利益を出すことであり、価値は利益が増えるほど大きくなります。PERは企業価値が利益の何倍になるかを示すものです。

PER=株価÷1株あたり利益=時価総額÷純利益

平均的なPERの水準は15倍程度です。これより低ければ割安である可能性が高く、高ければ割高な可能性が高くなります。厳密にはそれだけではありませんが、入り口としてはとても重要な概念です。

PERが15倍ということは、ざっくり言えば15年分の利益を織り込んでいるということです。これが100倍となれば、100年分の利益を織り込んでいることになります。これはあまり現実的な数値とは言えません。

PER100倍の銘柄でも、急速に利益が増えれば良いのですが、将来のことは常に不透明であり、高いPERを見たら「割高ではないか」との懸念を抱いたほうが良いでしょう。割高な株価は、資金が引き揚げると急落してしまうことが少なくありません。

一方で、単にPERが低ければいいというものでもありません。PERが異常に低い企業はどこかに問題を抱えている可能性があります。

例えば、今後業績が先細りになると考えられるケースです。衰退産業のPERはおしなべて低くとどまっています。また、直近だけたまたま業績が良くても、それだけの実力がないと考えられている場合もPERは低くなります。

PERを見る際は、その利益がどのようにしてもたらされているかを検証しなければなりません。今期の利益が実力なのかたまたまなのか、長期的に増えているのか減っているのかを吟味することが長期投資の基本的な姿勢です。

まずPERが15倍より高いか低いか、高ければそれだけの成長性が期待できるのか、低ければ何が懸念されているのかを考えます。これこそが、長期投資で最も大切な「ストーリー」を導く視点です。

その会社の将来を想像し、今よりも利益が2倍に伸びるならPER20倍でも割安と言えますし、半分になってしまうのならPER10倍でも割高ということになります。ここまで考えて初めてPERの水準を理解したと言えるのです。

Next: バフェットも苦しんだ「バリュートラップ」を避けるための銘柄選択

1 2 3 4

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい