fbpx

景気減速が止まらない中国。米利上げは世界に大混乱をもたらす?=田代尚機

世界最大の輸出国・中国の景気減速が止まらない。アメリカの利上げは世界経済の混乱をもたらす可能性がある。それによって、アメリカは2度目、3度目の利上げを行うことなく、利下げを強いられるようになるかもしれない。(『中国株投資レッスン』田代尚機)

世界最大の輸出国・中国の不振を無視したアメリカの利上げ

製造業PMIは2012年8月以来の低水準に

中国の景気減速が止まらない。

国家統計局、中国物流購買聯合会は12月1日、11月の製造業PMIは49.6であったと発表した。これは10月と比べ0.2ポイント低く、ロイター社がまとめた市場コンセンサスである49.8と比べ0.2ポイント下振れした。

9月は0.1ポイント改善、10月は横ばいであったが、11月は再び悪化してしまった。景気判断の分かれ目となる50を下回るのは、8月以来4ヶ月連続である。その水準は2012年8月以来の低さである。

各細目指数について、結果を整理してみよう。水準が50以上であれば拡大、未満であれば縮小、前月と比べ高ければ上昇、低ければ下落とし、分類してみると、以下のような結果である。ちなみに、カッコ内の数字は、製造業PMIを構成する5要素の構成比である。

(1)拡大、上昇
なし
(2)拡大、下落
生産(25%)、サプライヤー配送時間(15%)
(3)縮小、上昇
なし
(4)縮小、下落
(製造業PMI)、新規受注(30%)、原材料在庫(10%)、就業人員(20%)、新規輸出受注、輸入、受注残、製品在庫、購買量、主要原材料購買価格、生産経営活動予想

拡大傾向が続いているのは、生産とサプライヤー配送時間(15%)だけであり、10月と比べると、すべての細目指数が悪化している。

悪化の程度が大きい項目をあげると、生産経営活動予想(48.3、▲4.2ポイント)、主要原材料購買価格(41.1、▲3.3ポイント)、受注残(43.0、▲1.4ポイント)、新規輸出受注(46.4、▲1.0ポイント)などである。

もっとも、11月の非製造業PMIは53.6ポイントで10月と比べ0.5ポイント改善している。第3次産業が拡大するといった経済構造の変化を考慮した上でこの統計数字を評価する必要があるが、それにしても、製造業における経営者のマインド悪化、川上製品の価格下落、受注の減少、特に新規輸出受注の減少は大いに気になるところである。

あくまで、中国側の統計だけを見てのコメントではあるが、世界経済が悪化する中で、アメリカは本当に利上げを敢行するつもりなのだろうか?

中国は世界最大の輸出国である。その中国において、新規輸出受注が縮小しており、その縮小幅が大きく拡大している。10月の貿易統計を見ると、輸出は6.9%減である。今年に入り、輸出の伸び率がプラスであったのは2月と6月だけである。11月の統計は8日(水)に発表されるが、マイナスは必至といった状況である。

Next: 利上げで米中間の貿易不均衡はさらに拡大/世界経済は混乱も

1 2

無料メルマガ好評配信中

中国株投資レッスン

[無料 週刊]
TS・チャイナ・リサーチの田代尚機がお届けします。中国経済や中国株投資に関するエッセイを中心に、タイムリーな投資情報、投資戦略などをお伝えします。中国株投資で資産を大きく増やしたいと考える方はもちろん、ただ中国が好きだという方も大歓迎です。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー