fbpx

米ドル/円はこのまま下放れも。各通貨ペア・ペンタゴンチャート分析=川口一晃

米ドル/円は117円を終値で超えない限り基本的には下落エネルギーの強い相場が続きそう。正五角形の黄金比率で相場を読み解く「ペンタゴンチャート」の第一人者・川口一晃氏による最新の各通貨ペア分析をお届けします。(☆ペンタゴンチャート分析<為替編>

ペンタゴンチャートの見方
(1) ローソク足(値段)は各辺に沿って動いたり、各点に引き寄せられる
(2) 各点が変化日になる
(3) 各点に引き寄せられたもののその点に到達できなかった場合には反転する
(4) 中心点の上方を通過すれば次のペンタゴンは上方か真横、下方を通過すれば真横か下方に付く
(5) 時間の逆行は起きてはいけないこととされている

米ドル/円は117円を終値で超えない限り下落エネルギーが強い

米ドル/円(USD/JPY) 下放れて行くのか

160321pentagon01usdjpy

先週末のレポートでは、ADラインに注目した。ADラインが下値支持線となり、落ち着いた動きになっていくのか否かがポイントになったからだ。実際には、ADラインを割り込み、軟調な展開が鮮明になってきた。次の注目日は3月21日前後である。

A点水準:約113円25銭
E点水準:約110円50銭

今週のポイントはこのまま下放れて行くのか否かということである。

あくまでも個人的見解

C点水準に注目したい。週明け早々にC点が位置する時間帯を迎える。よって、そこで下げ止まりから落ち着いた動きになっていくのか、それとも軟調な展開がより鮮明になっていくのかがポイントになるからだ。

値動きのポイント

下落エネルギーの強い相場が続いている。下値の第1メドは110円前後を考えたい。なお、上昇エネルギー相場への転換のポイントは赤丸水準の117円を終値で超えることである。すなわち、117円を終値で超えない限り基本的には下落エネルギーの強い相場が続くと考えたい。

現在のシナリオ

軟調な展開が続く可能性がある。下値支持線と期待されたADラインを割り込んでしまい、真下のペンタゴンの中で推移している。しかも、AEラインをも割り込んで取引を終えている。そして、終値で安値をも更新してきたからである。下値のメドは青線表示の110円前後。

第2シナリオ

下げ止まる可能性もある。週明けにC点が位置する時間帯を迎える。すなわち、変化日になる可能性がある。しかも、先週末のローソク足が同事線になっているからである。

なお、MACDは売りシグナルが点灯し、軟調な展開を示唆している。スローストキャスティックスの数値は60%台まで上昇した後は下落に転じ、50%台となっている。

ユーロ/米ドル(EUR/USD) 上放れることが出来るか

160321pentagon02eurusd

先週のレポートでは、BDラインに注目した。堅調な展開が続くのであれば、上値抵抗線であるBDラインを超えることが期待されたからだ。実際には、週末にかけてBDライン越えて戻り高値のp点に迫った。次の注目日は3月25日前後である。

A点水準:約1.06ドル
B点水準:約1.125ドル
C点水準:約1.17ドル

今週のポイントは高値を更新し、上放れることが出来るのか否かということである。

あくまでも個人的見解

BDラインに注目したい。堅調な展開を維持するには、少なくともBDラインが下値支持線となっていくことが必要となる。BDライン割り込んでしまうと、次のペンタゴンが右下に描き足されることにもなるからだ。

値動きのポイント

上昇エネルギーの強い相場が続いている。上値の第1メドは1.15ドル前後と考えたい。下落エネルギーの強い相場へは赤丸水準の1.10ドルを終値で割り込むことで転換する。つまり、1.10ドルを終値で割り込まない限り基本的には強気の相場が続くことになる。

現在のシナリオ

堅調な展開が続くことが期待できよう。上値抵抗線BDラインを超えてきた。また、下値支持線ADラインも控えている。そして、C点が位置する時間帯以降も上昇が続いているからである。上値のメドは赤線表示の1.15ドル前後。

第2シナリオ

上値の重たい展開になっていく可能性も出てきた。上値抵抗線CDラインが控えている。また、p点とのダブルトップを形成する可能性もあるからだ。

なお、MACDは上昇トレンドを示している。スローストキャスティックスの数値は80%台の買われ過ぎ状態まで上昇した後に横這いになっている。

Next: ユーロ/円 上値は重たい|豪ドル/円 節目を超えられるか

1 2 3

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい