fbpx

コロナ離婚増加で「結婚したくない人」も急増。独身は人生ハードモードと理解しているか?=山本昌義

未曾有のパンデミックを経験し、日本中で増えた“コロナ離婚”。独身の方に「だから結婚なんてしたくないんだ」「ひとりで生きていく」と考える方が増えています。でもこの考え方、人生をハードモードにします。(『婚活FP山本の実例分析書 ~運命の出会い、その先を見据えて~』山本昌義)

【関連】コロナで結婚したい人が急増? 今から婚活に挑む40代前半女性の勝算は=山本昌義

プロフィール:山本昌義(やまもと まさよし)
山本FPオフィス代表、CFP。商品先物会社、税理士事務所、生命保険会社を経て2008年に山本FPオフィスを設立。現在は「婚活FP」を名乗り、婚活パーティ等を企画しながら婚活中の方、あるいは結婚直後の方など比較的若年層の精神面・経済面双方の相談業務をメインにこなす。中立性の確保の点から、一切の商品・代理店は扱っていない。

コロナで痛感「結婚したくない」

婚活ファイナンシャルプランナーとして活動する私のもとに、30代後半の独身男性から、未婚人生についての相談をいただきました。「コロナ離婚を聞いて余計に結婚したくないと思った。どう思う?」という内容です。

当人は年収500万円の会社員。元々、結婚願望が低いなかで世間のコロナ離婚を聞き、余計にその思いを強めたとのことでした。

結婚するもしないも当人の自由です。ただ、「結婚しない覚悟」も必要かと。

今回は、結婚しない人生について大切なポイントをお伝えします。

結婚に代わる「老後対策」を取る

さて、まずは基本ですが「結婚に代わる老後対策を取っていく」。この観点が大切です。

ライフプラン上の結婚とは「数ある老後対策の1つ」に過ぎません。このため、ほかの対策を取るなら結婚は不要です。

ただ、今は人生100年時代となっていますから、ほかの老後対策は、かなりハードルが高いといえます。具体的には、以下のような方法です。

・独立して相応に成功する
・投資で十分な資産を築く
・専門技術や知識を徹底的に磨く

はっきり言って、今のあなたを含めて普通の会社員が結婚せず人生を生き抜くのは無理です。結婚しないなら、一般的に結婚よりハードルの高い上記のような老後対策が必要になります。

それでもなお、結婚したくないですか? 結婚以外の老後対策を取れそうですか?

確かに結婚すると離婚の可能性が残りますが、離婚しない可能性だって残っています。結婚できる可能性があるなかでしない選択は、なるべく控えたほうが賢明ではないでしょうか。

結婚できないならできないで仕方ありません。ただ、なるべく「最も簡単な老後対策」も考えましょう。

Next: さて、それでもなお結婚しない選択をするなら『独立か投資、できれば両方――

1 2
いま読まれてます

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー