fbpx

コロナで結婚したい人が急増? 今から婚活に挑む40代前半女性の勝算は=山本昌義

今まではまったく結婚願望がなかった40代前半の女性が、不況や新型コロナの影響で急に危機感を覚え始めた。果たして今からでも自分は結婚できるのか?今後もますます増えていきそうな悩みに、婚活FPの立場からお答えします。(『婚活FP山本の実例分析書 ~運命の出会い、その先を見据えて~』山本昌義)

プロフィール:山本昌義(やまもと まさよし)
山本FPオフィス代表、CFP。商品先物会社、税理士事務所、生命保険会社を経て2008年に山本FPオフィスを設立。現在は「婚活FP」を名乗り、婚活パーティ等を企画しながら婚活中の方、あるいは結婚直後の方など比較的若年層の精神面・経済面双方の相談業務をメインにこなす。中立性の確保の点から、一切の商品・代理店は扱っていない。

コロナで危機感「今さらだけど結婚したい」

婚活ファイナンシャルプランナーとして活動する私のもとに、40代前半の独身女性から相談をいただきました。「今さらだけど結婚したくなった。どう思いますか?」という内容です。

今までは結婚願望が無かったものの、友人や周囲でクビになった方が出始め急に危機感が強まったとのことです。また、当人は年収400万円の正社員ですが、コロナで業績も厳しくなったとのこと。

今後、増えそうな相談内容ですね…。ひとまず、冷静に考えていきましょう。

今回は、40代前半女性の婚活について、建設的な考え方をお伝えします。

自分の現状を冷静に考えてみる

さて、まずは基本ですが『結婚は不可能ではないが、厳しいのが現実』。これだけは最初に押さえておきましょう。

というのも、どうしても女性は婚活で「年齢」を問われてしまうのが現実です。40代前半ともなれば、同年代は厳しく、よくて50代前半男性が対象になります。

まず、この年齢差は大丈夫でしょうか?

また、最近の50代男性は格差が大きく、あなたより年収が低いことも多いです。未婚男性ならなおさらと言えます。

さらに、今回のコロナの影響は凄まじく、しかも終わりが見えない状況です。男性でも稼いでいて当たり前ではありません。

この状況で、なお稼げている男性はモテますし、どうしてもあなたを選ぶ可能性は低いと言えます。

つまり、結婚自体が難しい一方で、仮に結婚できても経済的な支えになりにくいです。最近では早期リストラの流れも加速していますし、50代ならなおさらと言えます。

それでもなお、婚活・結婚したいかどうか。少し落ち着いて考えてみましょう。

Next: 「転職や独立を視野に入れて努力を重ねる」こんな方向性も考えてみましょう――

1 2

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー