fbpx

「専業主婦狙いの女は地雷すぎる」年収500万男性の本音と家計簿=山本昌義

この年収で結婚しても生活できるのか…?コロナ禍で不安が増したという男性が多くいます。もはや専業主婦志望の女性は選ばれず、男性は「共働き」してくれる女性を選ぶほかありません。年収500万円でもひとりでは妻子を養えない時代です。(『婚活FP山本の実例分析書 ~運命の出会い、その先を見据えて~』山本昌義)

【関連】「彼氏にしたい職業」上位はぜんぶ地雷、玉の輿に乗りたいなら○○な男を選べ=午堂登紀雄

プロフィール:山本昌義(やまもと まさよし)
山本FPオフィス代表、CFP。商品先物会社、税理士事務所、生命保険会社を経て2008年に山本FPオフィスを設立。現在は「婚活FP」を名乗り、婚活パーティ等を企画しながら婚活中の方、あるいは結婚直後の方など比較的若年層の精神面・経済面双方の相談業務をメインにこなす。中立性の確保の点から、一切の商品・代理店は扱っていない。

「結婚したいけど、女が怖い…」男性が増えている

婚活ファイナンシャルプランナーとして活動する私のもとに、30代前半の独身男性から、結婚と仕事についての相談をいただきました。

「結婚したいが責任が怖い。コロナで余計に。どう考えるべき?」という内容です。

当人は年収500万円の会社員。コロナで結婚願望が高まったものの、コロナで仕事を失ったというケースも多く見聞きしたことで、結婚後に妻子を養えるのか不安が高まったそうです。

男性ならではの不安ですね……。責任感が強いのは立派かもしれませんが、少し柔軟に考えることも必要かもしれません。

今回は、コロナ渦中での男性の結婚について、大切なポイントをお伝えします。

【関連】PCR検査を受けるとリストラ対象に?コロナ差別が日本経済を死に追いやる=今市太郎

結婚相手の条件は「共働きしてくれること」

さて、まずは基本ですが、いまや婚活の主流となった「共働きしてくれる女性と結婚する」という方向性でパートナーを選ぶのはいかがでしょうか?

というのも、女性も本当に様々です。経済面を男性に頼りたいという女性が多い一方、その姿勢を嫌い、頼るのはリスクだと考える女性も増えています。

そして、そういう経済的に自立した女性と結婚すれば、実際の負担も半分にできますし、一方がクビになった際には補填し合うことも可能です。

「年収500万円では妻子を養えない」のが現実

そもそも、年収500万円では妻子を養えません。

奥さんがパートや非正規労働程度の収入ではかなり徹底した節約生活が必要になります。そういう意味でも、自立した女性を探しましょう。

Next: 女性も年収が高い方がモテる時代。コロナ不安で人気に拍車

1 2 3
いま読まれてます

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー