fbpx

「専業主婦狙いの女は地雷すぎる」年収500万男性の本音と家計簿=山本昌義

無理に結婚する必要はない

最後にちょこっと……。

「結婚したいが結婚が怖い。コロナで余計に」。こういう男性の声は本当によく聞くようになりましたね。

ひとまず、結婚相手はしっかり選びましょう。少なくとも、ムリに養う結婚をしなくていいんです。ぜひ、支え合えそうな女性を探しましょう。

一方、クビになった時への準備も大切です。むしろコロナに関係なく、今は終身雇用が崩壊しています。転職とともに独立や投資、副業などへの準備も進め、安心して結婚できる環境を整えましょう。

なお、お相手に必要な最低年収を計算して欲しい方、さらなる自立を何かと手伝って欲しいという方は、私でよければ、いつでもご相談下さいませ。

【関連】日本人の8割が加入する生命保険はムダだらけ。対策すべきは不慮の事故より長生きリスク=俣野成敏

【関連】「人生どのタイミングで結婚相手を決めるべきか?」を数学的に解明する Secretary Problem=三浦茜

【関連】独身では生き抜けない国になった日本。「結婚しない」選択がもたらす悲惨な未来=山本昌義

【関連】世の女性たちが知らない、男から見た「将来億を稼ぐ男性」の条件=午堂登紀雄

【関連】「専業主婦」世帯は高確率で貧困に?婚活女性の覚めない夢と、支えきれない男の現実=山本昌義

image by: / Shutterstock.com
1 2 3

婚活FP山本の実例分析書 ~運命の出会い、その先を見据えて~』(2020年7月31日号)より一部抜粋
※タイトル・見出しはMONEY VOICE編集部による

無料メルマガ好評配信中

婚活FP山本の実例分析書 ~運命の出会い、その先を見据えて~

[無料 週刊]
婚活中の方、ご成婚された方 こんにちは。婚活FP山本と申します。 昨今は空前の婚活ブーム! …引いては婚活が厳しい時代です。 ご結婚に至っても、3組に1組は離婚する時代。 大変な時代ですね。 ここでは、私が実際にお受けした相談内容を元に 男女の心理差や経済的な側面を主として なぜダメなのか?どうすれば良かったか?を分析し 実例として、皆様にお届けさせて頂きます。 なお、私は「現実的な結婚」を支援しています。 そして、実例は男女の本音が登場します。 このため、皆様の夢を打ち砕く内容も多いかと思いますが ご容赦の上でお読み頂き、ご活用下さい。

いま読まれてます

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー