fbpx

2021年「日経平均4万円」に現実味。今が世界コロナバブルの初動だ=矢口新

ESG投資が本流へ

私は2021年に、日経平均が4万円を超える確率は低くないと見ている。とはいえ、市場全体と言うより、日本株の個別銘柄に興味のある方々には、2020年12月14日付けで、米のメディアに非常に興味深い記事が出たので、翻訳してその要点をご紹介しておく。

・ブラックロックとフィデリティは130兆ドルのメガトレンドに大投資

我々は現在、歴史的に最大の金融上の変革の時期に生きている。大きな資金が持続可能でないすべてのものから逃げ出しているのだ。

PwC(コンサルティング会社)によれば、2022年までに機関投資家の77%は、ESGではない製品を買うことを完全に止めると言っている。ESGファンドは、2025年までにすべての欧州ファンド資産の50%以上を占めることになる。それはほぼ8兆ドルとなる。そして、それは始まったばかりなのだ。

欧州は現時点ではESG資産をこきおろしているかもしれない。しかし、北米では120兆ドルに迫る資金が容易に手に入る。110兆ドルを超える資産を運用する3,000を超える投資家たちが、ESG投資を支持している。加えて、9兆ドルの資産を運用している70の業界団体もまたESG投資を支持している。

出典:Blackrock and Fidelity Are Betting Big On This $130 Trillion Mega-Trend(2020年12月14日配信)

それに先立つ10月12日付けでは、ウォールストリート・ジャーナルが最も持続可能な経営企業のリストを公表した。それは、持続可能性について広範な視点を用いたもので、企業のリーダーシップや企業統治の実態を査定し、長期的に株主への価値を創造する能力があるかを見ているものだ。ランキングはウォールストリート・ジャーナルの環境、社会、企業統治(ESG)研究のアナリストたちが作成、世界の上場企業の5,500社以上を、持続可能な測定基準の範囲をもとに査定したとされる。
※参照:Explore the Full WSJ Sustainable Management Ranking

ESG投資は世界の大手機関投資家がシフトを進めている。ウォールストリート・ジャーナルは、株式投資における有力な情報源だ。そこが5,500社以上を精査した結果、日本のソニーが1位になったのだ。

以下にベスト100に選ばれた日本企業16社と、そのチャートをご紹介してこのコラムを締めくくる。チャートに入れたオレンジ色の縦線は、ウォールストリート・ジャーナル掲載時の株価だ。ここは個別銘柄を推奨する場ではないので、投資判断については投資家の方々各自にお任せしたい。

1位:ソニー
10位:積水化学
13位:AGC
36位:キャノン
38位:ブラザー工業
44位:オムロン
46位:京セラ
56位:ウシオ電機
57位:JFE
59位:コニカミノルタ
66位:荏原製作所
77位:TOTO
79位:日立
82位:大林組
87位:東芝
97位:フジクラ

図12:ESG銘柄(ソニー、積水化学、AGC、キャノン)(出典:TradingView)

図12:ESG銘柄(ソニー、積水化学、AGC、キャノン)(出典:TradingView)

図13:ESG銘柄(ブラザー工業、オムロン、京セラ、ウシオ電機)(出典:TradingView)

図13:ESG銘柄(ブラザー工業、オムロン、京セラ、ウシオ電機)(出典:TradingView)

図15:ESG銘柄(日立、大林組、東芝、フジクラ)(出典:TradingView)

図15:ESG銘柄(日立、大林組、東芝、フジクラ)(出典:TradingView)

続きはご購読ください。初月無料です


※本記事は、矢口新氏のメルマガ『相場はあなたの夢をかなえる ー有料版ー』好評配信中!ご興味を持たれた方はぜひこの機会に今月分すべて無料のお試し購読をどうぞ。信済みバックナンバーもすぐ読めます。

【関連】2021年の不動産市況を大予測!マイホームは“買い”か“待ち”か=姫野秀喜

【関連】ビットコインは500万円に到達?2021年展望~大企業に買われてデジタルゴールド化=大平

【関連】戦争こそアメリカの景気対策。軍産複合体は「中国」に的を絞った=鈴木傾城

image by:Ned Snowman / Shutterstock.com
1 2 3 4

本記事は『マネーボイス』のための書き下ろしです(2021年1月3日)
※タイトル・見出しはMONEY VOICE編集部による

初月無料お試し購読OK!有料メルマガ好評配信中

相場はあなたの夢をかなえる ―有料版―

[月額880円(税込) 毎週月曜日(祝祭日・年末年始を除く)]
ご好評のメルマガ「相場はあなたの夢をかなえる」に、フォローアップで市場の動きを知る ―有料版― が登場。本文は毎週月曜日の寄り付き前。無料のフォローアップは週3,4回、ホットなトピックについて、より忌憚のない本音を語る。「生き残りのディーリング」の著者の相場解説!

いま読まれてます

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー