fbpx

米国にも「刷り負けない」菅政権。日経平均3万円に王手、ヘリマネ発動へ=藤井まり子

数年後にはダウ4万ドル、日経平均は4万円へ

改めて、日本国内の動きを整理します。

「緊急事態制限」がもう1か月、3月7日まで延長されることになりました(ただし、状況を見て3週間に繰り上げられるかもしれません)。

その結果、行動制限に苦しむ業界を対象にして、2月中には「第四次補正予算(ヘリマネ予算)」が急きょ組まれることになりました。今は国会開催中なので、即座に成立します(およそ30兆円くらいか?規模はまだ未定)。

さらにさらに、4月からの新年度予算でも、コロナ対策のヘリマネ予算が組まれるとのこと。これで日本は、アメリカにヘリマネで刷り負けないことになりました。

やはり、菅政権は仕事はきっちりする政権です。

今後は、もう円高は起きないで済むでしょう。もし、リスクオフ時に円高が進行しても、たいした円高はもう起きないで済みます。

2021年の日本の経済成長は、これでバージョンアップします。2021年中には2%インフレ達成とまでは行かなくとも、それに近いインフレが達成できるのではないでしょうか?

日経平均は、2021年中に楽勝で3万円を達成することでしょう。今後のインフレにもよりますが、超達観論に立てば、日経平均は2021年末に3万3,000円から3万4,500円を目指すかもしれません。

次は、アメリカ国内の動き。

バイデン政権と民主党とイエレン財務長官が、「1.9兆ドルのバイデンヘリマネ」に本気度を見せました。真剣に、この「1.9兆ドルヘリマネ」を早急に実現することを熱望しているようです。
おそらく、「リコンシリエーション」といった強硬手段を使って、近いうちに法案を立法化してくることでしょう。

労働者の味方であるイエレン財務長官は、50年物のドル国債の創設も検討しているようです。実現すれば、これは永久国債(ほとんど償還の来ない国債)みたいなものになります。おそらく増税と抱き合わせて、増税と引き換えにこの永久国債を富裕層に売りさばくのではないでしょうか?
(まぁ、永久国債は事実上の富裕層向けの増税です)。

これで、アメリカの長期金利の「急上昇」は、ある程度コントロールできるようになるでしょう。

さらにイエレン長官は、「アメリカが完全雇用を回復するにはまだ数年かかる」と発言。これは、驚くべき発言です。なぜならば、このイエレン発言は、事実上、「仲良しのパウエルFRB議長には、向こう数年は緩和的な金融政策を続けてもらうことにしている。株価は、向こう数年は上昇トレンドだ」と宣言しているようなものだからです。

そのほかについても、ざっと解説します。

アメリカでのワクチン接種は引き続き順調に進行しています。「ロビンフット・バブル」は、ほとんど弾けてしまって、もう市場のかく乱要因にはならないでしょう。ビットコインとテスラ株は「ピンスポット・バブル」なので、手を出すのは危険だと思っています。しかし、このバブルがいつ弾けるのかについては、誰にもわかりません。明日弾けても不思議ではないですし、年内に弾けなくても不思議ではないです。ゴールドは、今はビットコインにお株を取られてしまっています。が、ビットコイン・バブルが弾けたならば、ゴールド価格も再び上昇し始めるでしょう。

Next: 2021年のアメリカ経済はとても力強く回復している

1 2 3
いま読まれてます

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー