fbpx

2月米雇用統計の展望:金利高でドル高加速も、引き続きドル円は「押し目」狙いで=ゆきママ

今夜22時半より「2月米雇用統計」が発表されます。金利動向が不安定で株式市場が荒れていますが、そんな中での最重要指標の発表となりますから、注目していきましょう!(FXトレーダー/ブロガー・ゆきママ)

【関連】ビットコインバブルはコロナとともに消ゆ。イーロン・マスクの先見性に踊らされるな=高島康司

金利高でドル高加速!為替市場は緩和縮小、利上げ意識のトレードに

年末から続いていたドル安が一服、徐々にドルが買い戻されるという流れになっています。

背景としては、米長期金利(10年債利回り)が挙げられますが、それ以上にポイントとなっているのが中央銀行、FRB(米連邦準備制度理事会)によるテーパリング(量的緩和縮小)観測でしょう。

バイデン大統領が誕生した年末には、1.9兆ドルという大規模な追加経済対策による赤字拡大を意識したドル売りというのが続いていました。

しかし、ここに来て想定以上にワクチンの生産・供給が進んだことから、当初よりもずっと早く米国経済は回復し、政府の財政政策や中央銀行の量的緩和が必要なくなるのではという見方が強まっています。

米ドル/円 日足(SBI証券提供)

米ドル/円 日足(SBI証券提供)

これまではワクチンの供給不足が叫ばれていましたが、ジョンソン・エンド・ジョンソン社のワクチンが承認されるなど、米国では年内にも余るほどのワクチンが供給されるのではと見られています。

一方、日本は英米、欧州と比べてワクチン接種の進展が遅れており、経済の停滞が想定されることから、まだまだ緩和的な政策が必要との見方で円売りとなっています。

このように当初の想定とは異なる材料が出てきたことで、ドルがジワジワと買い戻される結果となっています。

そして、FRBの2大責務の1つである雇用の最大化が達成されれば、いよいよテーパリングということで今夜の雇用統計は非常に重要な意味を持つことになります。

Next: 先行指標は改善傾向が見られるも、期待されていたほど順調ではない

1 2 3
いま読まれてます

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー