fbpx

ビットコイン急落で「心が折れた人」に共通する3つの盲点。資金とメンタルをどうすれば守れる?=栗原将

<パターン3:取引方法が悪かった人>

そして、3番目の「取引方法が悪かった」です。

いくら実体のないようなアルトコインに投機していたとしても、最悪でも、投げたお金がゼロになったら終わり。つまり、「元本=最大ロス」で終われるわけです。

しかしこれが、仮想通貨のFXとか先物、デリバティブだと、そうはいきません。

FXであれば、証拠金の数倍の取引ができるので、儲かる時には、少ない元手でおいしい思いが出来ますが、予想に反した場合には、証拠金の没収だけでは済まず、追加証拠金の入金を求められる場合もあります。

そこで逃げ切りはできない契約になっていたら、負債が残る。つまり、投資した元本以上の損失となるわけです。

そして、このようなケースで起こりえるのが、少なからぬ割合で、全財産を証拠金に投下済みで、もはや、追加での入金などムリ……となる人です。

このような事態も考えられることから、私自身、かねてから仮想通貨のFXはおすすめしてきませんでした。

仮想通貨へのおすすめの投資方法

一方で、これはお勧めしてきたことですが、毎月、1万円とか少額でよいので、ビットコインなどの主要な仮想通貨に積み立て投資をしていく方法。

これであれば、ここ最近の暴落を見ても、仕事が手に付かなくなることはないです。

私自身、今回の暴落で仮想通貨が完全終了とは考えてはいませんし、ビットコイン等は保有したまま、当分”気絶”しておく予定であります。

【関連】自称元Google竹花貴騎氏の経歴詐称は「やったもんがち日本」の縮図だ=栗原将

【関連】「コミュ障」専業トレーダーの退場率が高くなるのはなぜか?(株・FX)=栗原将

【関連】10年後に100万円返ってくる借用証書、あなたならいくらで買いますか?=栗原将

【関連】求人は多くても、タイで「優秀な日本人」として働くのが大変な理由=栗原将

image by:stockphoto-graf / Shutterstock.com
1 2

海外投資とネットビジネスで海外移住、ハッピーライフ』(2021年5月20日号)より
※タイトル・見出しはMONEY VOICE編集部による

無料メルマガ好評配信中

海外投資とネットビジネスで海外移住、ハッピーライフ

[無料 ほぼ日刊]
明るい希望が見いだせないサラリーマン生活から脱却すべく、国内不動産投資から海外投資に目指した40歳独身男が、2012年6月をもってサラリーマンリタイヤ。投資インカムに加え、インターネットビジネスも開始し、タイ バンコクに移住、稼ぎは大きく、生活コストは小さく、ハッピーライフを追求していきます。

いま読まれてます

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー