fbpx

ブルームバーグ報道(22日)を踏まえた日銀緩和期待相場のポイント=のりた

業種別値上がり率ランキングに伺える日銀への期待感

週末(4/22)の業種別ランキングを見てみると、その政策に対する期待度が伺えます。

4/22 業種別値上がり率ランキング

1 銀行業 4.80%
2 証券商品先物 3.36%
3 海運業 2.97%
4 不動産業 2.64%
5 鉄鋼 2.03%
6 保険業 1.98%
7 鉱業 1.70%
8 その他金融業 1.63%
9 倉庫運輸関連 1.35%
10 輸送用機器 1.34%

銀行株がダントツに上げていて、ハッキリと政策に対する期待の強さが表れています。その他、海運業保険業なども上昇しているのが分かります。

ありがたいことに不動産業も上昇していますが、マイナス金利の拡大やJ-REITの枠拡大などが思惑として出ているのかもしれません。

週末のドル円は、111.8円まで円安が進んでいます。先週末とくらべて2円以上も円安です。原油動向を踏まえてもさらなる円高が想定出来ていただけに、とても驚きです。

日経平均は、週末の終値で約17572円。ここ1ヶ月以上、17000円台を上回れない状況が続いていたことを考えると、とても大きな変化と言えます。

期待が失望に変わる恐れも

ただし原油にしても追加緩和にしても、あくまでも市場の思惑で勝手に動いているだけで、今後もそうなるかどうかは別の話です。

差し当たり今週(4/27~28)に控えている日銀会合で、期待した通りの追加緩和が実施されなければ、前週、上昇した分は全て帳消しになってしまうでしょう。

いや、あるはずもなかった期待が失望に変わるとなると、悪い影響でしかありません。

Next: 日銀会合の結果次第で18000円回復も17000円割れもあり得る

1 2 3

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー