fbpx

ブルームバーグ報道(22日)を踏まえた日銀緩和期待相場のポイント=のりた

日銀の追加緩和に関するリーク(?)22日のブルームバーグ報道後に円安・株高の動きが出てビックリ。今週(4/27~28)に行われる日銀会合を想定して投資戦略を考えます。(『毎月分配投信の本当のこと のりたマガジン』)

※この記事は有料メルマガの一部抜粋です。初月無料の定期購読で、すべてのコンテンツをすぐにご覧いただけますので、ぜひこの機会にどうぞ。

日銀、金融機関への貸し出しにもマイナス金利を検討?一部報道

日経平均、原油はしっかり

ドーハ会合の原油増産凍結見送りで、週明けから円高、株安となりました。しかし、翌日には原油が持ち直し、円安、株高とあっさり戻してその後も週末まで上昇しています。

【関連】奇跡は起こるか?来週の日経平均レンジは1万8,380円~1万6,900円=橋本明男

産油国による情勢の悪化が懸念されるなか、むしろ原油は強い動きを示し、それにともなう円安の動きもあってか、日経平均は思った以上にしっかりとした上昇が続いた印象です。

WTI原油先物 日足(SBI証券提供)

WTI原油先物 日足(SBI証券提供)

米ドル/円 日足(SBI証券提供)

米ドル/円 日足(SBI証券提供)

日経平均株価 日足(SBI証券提供)

日経平均株価 日足(SBI証券提供)

これまでの動きを考えると、ドル円、日経平均ともに違和感の方が大きかったですが、相場を下支えした原油が想定以上の上昇を見せたことを考えれば、意外と単純な話だとも言えます。先行きが怪しい産油国の情勢を考えると、あっさり情勢が悪くなってしまうこともあるので、油断しないようにしないといけない状況だなと思えてきます。

注目のブルームバーグ報道

そしてさらに週末には、日銀による追加緩和期待(?)で、円安、株高の動きが出ました。その追加緩和期待を押し上げたのがこちらの報道です。

日本銀行は金融機関が資金を預ける当座預金の一部にマイナス金利を適用しているが、金融機関に対する貸し出しに対しても、マイナス金利の適用を検討する案が浮上している。

出典:【関連】日銀:金融機関への貸し出しにもマイナス金利を検討-関係者 – Bloomberg(2016年4月22日)

預けるお金にマイナス金利が適用されたことで銀行収益が押し下げられますが、今度は貸し出しにマイナス金利を適用することで、収益を押し下げた分を相殺できるというわけです。

マイナス金利の弱点を克服する政策として効果が見込めるので、相場が強く反応したのがよく分かる内容だと思います。

Next: 業種別値上がり率ランキングに伺える日銀への期待感

1 2 3

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい