fbpx

日本のブラック企業が減らぬ理由。タイ・フィリピンよりも劣る労働者の法律知識=栗原将

労働法規を守らない日本人オーナーは狙われる

特に日本人オーナーの会社の場合には、狙ってきますね。それで告発されたら、ほとんどのケースで会社は負けるので、労働法に従うようになり、ブラック労働が減って来るのです。

さらに、退職時の退職金まで、きっちり要求してくるのですが、タイもフィリピンも結構な金額で、払わないでいたら、忘れた頃に裁判起こしてきた……なんてケースも見聞きしてきたものです。

経営者側としては怖いのですが、そのくらい労働者がしっかりしているのですね。

一方の日本は、全然、まだまだですね。労働基準法などは簡単なので、ちょっと勉強するだけでも、かなり理論武装ができますよ。

【関連】自称元Google竹花貴騎氏の経歴詐称は「やったもんがち日本」の縮図だ=栗原将

【関連】「コミュ障」専業トレーダーの退場率が高くなるのはなぜか?(株・FX)=栗原将

【関連】10年後に100万円返ってくる借用証書、あなたならいくらで買いますか?=栗原将

【関連】求人は多くても、タイで「優秀な日本人」として働くのが大変な理由=栗原将

image by:aslysun / Shutterstock.com
1 2

海外投資とネットビジネスで海外移住、ハッピーライフ』(2021年9月17日号)より
※タイトル・見出しはMONEY VOICE編集部による

無料メルマガ好評配信中

海外移住から帰国した50歳男子の北海道くらし日記

[無料 ほぼ日刊]
9年間のタイ、フィリピンでの海外移住生活から帰国し、北海道暮らしをはじめた50歳男子が、久々の日本生活から感じることや、海外生活のメリット・デメリット、そして、地方暮らしの実際について独自目線で語っていきます。

いま読まれてます

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー