fbpx

ドル円の上値メドは112円前後、長期円高トレンドは依然継続中~各通貨ペア・ペンタゴンチャート分析=川口一晃

ドル円の上値メドは112円前後、大きなドル安円高トレンドは115円を終値で超えない限り終焉しない――正五角形の黄金比率で相場を読み解く「ペンタゴンチャート」の第一人者・川口一晃氏による最新の各通貨ペア分析をお届けします。(☆ペンタゴンチャート分析<為替編>

ペンタゴンチャートの見方
(1) ローソク足(値段)は各辺に沿って動いたり、各点に引き寄せられる
(2) 各点が変化日になる
(3) 各点に引き寄せられたもののその点に到達できなかった場合には反転する
(4) 中心点の上方を通過すれば次のペンタゴンは上方か真横、下方を通過すれば真横か下方に付く
(5) 時間の逆行は起きてはいけないこととされている

【関連】7月末まで日本当局の円売り介入は難しく、またその必要性もない理由=矢口新

ドル/円、ユーロ/ドル、ユーロ/円、豪ドル/円 各通貨ペア分析

米ドル/円(USD/JPY) 底堅い動きは続くのか

160530pentagon-usdjpy

先週のレポートでは、ABラインに注目した。ABラインが下値支持線となれば、堅調な展開が続くからだ。実際には、ABラインを超えてもほぼ横這いの動きが続いている。次の注目日は6月1日前後である。

A点水準:約106円
B点水準:約110円50銭
C点水準:約13円50銭
D点水準:約111円

今週のポイントは底堅い動きはこのまま続くのかということである。

<あくまでも個人的見解>

B点に注目したい。先週末にかけてB点に引き寄せられた。よって、B点が変化日となり、通過後に新しい動きになっていくのか。新しい動きが顕著になるのであれば、上昇なのか、それとも下落なのか、ということである。

値動きのポイント

反発上昇のエネルギーの強い相場は維持されている。上値のメドは重要な節目の一つである112円前後を考えたい。再び下落エネルギーの強い相場に戻る条件は、赤丸水準の108円25銭を終値で割り込むことである。なお、大きなドル安円高トレンドは115円を終値で超えない限り終焉しないと考えている。

現在のシナリオ

底堅い動きが続く可能性はある。上値抵抗線BEラインを超えてきた。A点が位置する時間帯以降も堅調な展開が続いていることに加え、B点以降も先週末に陽線が出現しているからである。

第2シナリオ

上値が重たくなっていく可能性も出てきた。BEラインに沿って推移していくことも考えられる。C点が位置する時間帯を通過することで流れが変わることもあり得る。そして、上値も下値も右肩下がりに推移が続いているからである。

なお、MACDは緩やかながらも上昇トレンドが続いている。スローストキャスティックスの数値は買われ過ぎ状態である80%台に乗せた後、横這いとなっている。

ユーロ/米ドル(EUR/USD) 軟調な展開が鮮明に

160530pentagon-eurusd

先週のレポートでは、AEラインに注目した。AEラインを維持することで底堅い動きが続くことが期待されたからだ。しかし、実際にはAEラインから下放れ、赤丸水準であった1.115ドルを割り込み、下落エネルギーの強い相場に転換した。次の注目日は5月30日前後である。

A点水準:約1.125ドル
B点水準:約1.165ドル
C点水準:約1.085ドル
D点水準:約1.06ドル

今週のポイントは軟調な展開が続くのか否かということである。

<あくまでも個人的見解>

D点に注目したい。週明けにD点が位置する時間帯を通過する。したがって、流れが変わることで下げ止まることが出来るのか否かがポイントになるからだ。

値動きのポイント

下落エネルギーの強い相場に転換した。下値のメドは1.09ドル前後を考えたい。なお、再度上昇エネルギーの強い相場へ転換するには赤丸水準の1.135ドルを終値で超えることが条件となる。

現在のシナリオ

軟調な展開が進む可能性がある。節目の水準であるAEラインから下放れてきている。AEラインを超えたとしても上値抵抗線であるBEラインが控えているからである。

第2シナリオ

下げ止まりから落ち着いた動きになる可能性も残っている。すぐ真下に下値支持線CEラインが控えていることから、D点が変化日となり流れが変わる可能性がある。また、下値支持線DEラインも存在しているからである。

なお、MACDは下落トレンドが続いている。スローストキャスティックスの数値はひと桁の売られ過ぎ状態で横這いに入った。

Next: ユーロ/円 正念場が続く|豪ドル/円 下値でのもち合い続く

1 2 3

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい