私が考える、日経平均株価と「満月」の切っても切れない関係=山崎和邦

満月の日には何かが起こる。月の引力は強烈であり、人間に何かが生じないわけがない。では相場では何が起こっているだろうか。日経平均株価との関係も含めて見てみよう。(山崎和邦)

※本記事は、有料メルマガ『山崎和邦 週報『投機の流儀』(罫線・資料付)*相場を読み解く【号外・山崎動画】も配信』2016年9月18日号の一部抜粋です。今月分すべて無料の定期購読はこちらからどうぞ。

相場トレンドは満月を境に変化する?月と株価の関係とは

「満月」の力

筆者が8月の動画でいくつもの事例を挙げて語ったように、満月の日には何かが起こる。

あの動画では月の引力の強烈さを話して、色々な有名な事件は、概ねは満月の日に起きているのだということを列挙した。

月が30万キロ離れた海水を全部吸い上げて、軍艦も大型客船もボートも、1メートル以上も引き上げてしまうわけだから、人間の心に何か起きないわけがないということを話した。

今月の満月は17日(土)である。「潮時表」によれば、東京湾での満潮時の水位は140cm高くなる。海水を140cmも引きつけるのだから、人間に何かが生じないわけがない。潮の満ち干のエネルギーは核爆弾にも匹敵するだろう。これで電力を生み出すことが関門海峡、津軽海峡などで試みられている。

たまたま今月は満月が土曜日で場が立っていないが、その時に決意したものが火曜日の場に現れるであろう。売り先行で始まるか、買い先行で高く始まるか、あるいは保合で始まるか、いずれにしてもそれは何かが起きているのだ。 17日土曜日、満月の日に決心した何かが起きているのだ。

株価と満月

直近の日経平均と「満月」

直近の日経平均と「満月」

日経平均と「満月」(2012年)

日経平均と「満月」(2012年)

Next: 日経平均と「満月」(2010年)のチャート/たとえ保合だったとしても…

1 2

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい