fbpx

韓国議員が竹島上陸。それでも日本は日韓通貨スワップ再締結に応じるのか?

今回は日韓通貨スワップ協定が再開される可能性を検討する。結論として筆者は協定再締結の可能性は50%と見ているが、なぜそう言えるのか、いくつかの視点で考えてみよう。(『2011年 韓国経済危機の軌跡(週間 韓国経済)』)

日韓通貨スワップ協定再締結の可能性は50%、その理由とは?

慰安婦問題の最終的解決が与える影響

昨年の12月末に突如、合意となった日韓慰安婦問題。これによって日本は、韓国政府が作った元慰安婦の支援財団に10億円を支払うことになった。

残念ながら、日本人が求めているソウルの日本大使館前の慰安婦像の撤去はされていない。岸田外相によると慰安婦像の撤去は今後も求めていくというが、韓国政府が慰安婦像の撤去に「努力」したとはどう見ても思えない。ただ、10億円を支払えば日本と韓国の間にある慰安婦問題はすべて最終的に解決する。

まあ読者も「韓国はすぐに蒸し返すんじゃないか。おかわりを要求するんじゃないか」と考えているだろうし、管理人も、もって朴槿恵政権の間までじゃないかなとは思う。

【関連】ソウルは火の海?米韓日と北朝鮮もし戦わば~ストラトフォー最新予測

しかし、世界中のメディアが今回の日韓慰安婦合意を報道し、歓迎した以上、韓国が問題を蒸し返そうとしても世界が覚えている。

これまでは1965年の日韓基本条約で解決していると主張しても、50年以上も前の話であり、それを外国人に言ったところで通じなかった。でも今回はしばらくは大丈夫だろう。後は韓国挺身隊問題対策協議会の元慰安婦が合意に反対しているが、あれはもう韓国内の問題なので日本には何も関係ない。

このように韓国が擦り寄りを見せている状況なので、日韓通貨スワップ協定の再開が8月の日韓財務対話で話し合われる恐れがある。

しかし、韓国は8月15日に超党派の国会議員らが竹島への不法上陸を予定しており、これによって財務対話が流れたり、または日本側の心証を悪くすることがあるかもしれない。とは言え日本の態度は甘く、韓国が要請すれば通貨スワップ協定の再開を検討するということは、以前から麻生財務大臣が述べていたことでもある。

麻生大臣の発言について、筆者はこのままだと日韓通貨スワップ協定はいずれ再開するだろうと述べたが、その「いずれ」が近い将来のことなのか、そうでないのか、それはまだわからない。

【関連】中国「沖縄独立作戦」の脅威 北京会議で何が話し合われたのか?

韓国経済の「復活」が与える影響

日付 KOSPI ウォン KOSDAQ 先物
08日 2031.12 1108.30 696.43 254.20
09日 2031,12 1108.30 696.43 256.00
10日 2044.64 1195.40 707.46 255.40
11日 2048.80 1099.50 703.33 256.05
12日 2050.47 1101.33 705.00 256.25

上記は先週の韓国市場の動き。注目は12日に2050を突破しているKOSPI(韓国総合株価指数)である。

筆者は、韓国経済が好調か不調かを見極める際にKOSPI2000台は大きな意味を持つと何度も述べているわけだが、この観点からすれば韓国経済には復活の兆しが見えていることになる。

韓国KOSPI指数 週足(SBI証券提供)

韓国KOSPI指数 週足(SBI証券提供)

そして、それを裏付けるのが「国家格付け」の動向である。

米格付け会社スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)は、韓国の国債格付けを「ダブルAマイナス」から上から3番目の「ダブルA」に1段階引き上げた。今後の見通しは「安定的」で維持された。韓国企画財政部が8日、明らかにした。

S&Pが韓国の国債格付けを引き上げたのは昨年9月以来。韓国がS&Pの国債格付けで「ダブルA」と評価されたのは初めてとなる。中国(ダブルAマイナス)より1段階、日本(Aプラス)より2段階高い。

出典:S&P 韓国格付けを初めて「ダブルA」に引き上げ – 聯合ニュース

引き上げ理由なんてどうでもいい。でっち上げにすぎないからだ。問題は、韓国の格付けが中国や日本より上ということだ。これに伴い外国人が韓国株を購入したのが先週の動きであり、それにつれてウォン高傾向となった。

Next: 韓国の慢心は、日韓通貨スワップ協定を物別れに追い込むか?

1 2

文中に紹介されている価格については、掲載日時点のものとなります。実際の価格は購入先ページでご確認ください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい