安倍首相は解決を望んでいない!? 北朝鮮による日本人拉致問題の「闇」=不破利晴

北朝鮮による日本人拉致問題の被害者である蓮池薫氏の実兄、蓮池透氏の著した『拉致被害者たちを見殺しにした安倍晋三と冷血な面々』(講談社)は歯に衣着せぬ快著である。この“冷血な面々”について、蓮池氏によれば、蓮池氏自身もそれに含まれているようだが、ともかくこの“面々”については、一度整理しておく必要があるだろう。(『インターネット政党が日本を変える!』不破利晴)

※本記事は、『インターネット政党が日本を変える!』2016年6月21日号の一部抜粋です。興味を持たれた方はぜひこの機会に今月すべて無料のお試し購読をどうぞ。月初の購読は特にお得です

「薄ら笑い」を浮かべた安倍首相が蓮池氏に言い放った言葉とは

致命的だった各県警の捜査ミス

北朝鮮による拉致被害者たちを見殺しにした“冷血な面々”としては、まず第一に新潟、石川、福井などの各県警が挙げられる。

蓮池透氏の弟、蓮池薫氏が北朝鮮によって拉致された1978年から80年にかけては、日本海沿岸部を中心に若いカップルが失踪するという事件が相次いだ。

当時は今ほど北朝鮮に対し意識的な時期ではなかったものの、沖合から発信される謎の電波、すなわち北朝鮮工作船による電波は当時から警察にマークされていたというのだ。

【関連】バングラ邦人殺害テロ 日本を敵と見なすイスラム国「宣戦布告」の中身=不破利晴

そして、1977年9月に石川県宇出津海岸付近で拉致されたとされる久米裕(くめ ゆたか)氏の失踪が明らかになった際、実は久米氏を工作船に乗せたという在日朝鮮人が、石川県警によって身柄を拘束されていたのだ。

しかし、久米氏が自分の意志で船に乗り込んだのか、あるいは無理やりに乗せられたのか不明であるとして、石川県警はこの在日朝鮮人を釈放してしまった。

この件で石川県警は世間のやり玉に挙げられるどころか、「警察庁長官賞」を授与されているというから驚きだ。その後になっても、謎の電波の詳細について県警は全く明らかにしようとしないことから、蓮池氏は一体どちらを向いて仕事をしているのだと県警を評している。

つまり、県警が初動捜査をきちんと行っていれば、久米裕さんの拉致の後に起こった横田めぐみさんの拉致について、あるいは防げたのではないかと蓮池氏は指摘しているのである。

拉致被害者は政治家の「集票マスコット」

さらに政治家に至っては始末に負えない。政治家と握手をしようものなら必ず写真を撮られ、翌日のHPにはアップされてしまう。「私は拉致問題に取り組んでますよ」といった政治家のPRに利用されてしまうのだ。

また、講演会をやろうものなら、どこで聞き及んだのか地元の政治家が挨拶をさせてくれと押しかけ、それで握手をしたと思ったら講演も聞かずに帰ってしまう。

同様に、政治家に講演に来てくれと呼ばれれば、その政治家の政策報告会とセットになっている。蓮池透氏はまるで政治家の“集票マスコット”のようだったと告白している。

Next: 安倍首相は日本人拉致問題の解決を望んでいない

1 2 3

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい