fbpx

不意打ちでも安心!? 「預金封鎖」に対抗して資産を守り抜く方法=東条雅彦

我が国には敗戦直後に預金封鎖を実施した「前科」があります。1990年代の日本で「資産課税」が検討されていたという噂もあるくらいで、歴史的にはさほど珍しいことではありません。

現在の日本で預金封鎖が行われる可能性は極めて低いと思いますが、ゼロとは言い切れません。預金封鎖は「不意打ち」でなければ効果がないため、政府側は突如、預金封鎖を宣言します。直近では2013年3月16日土曜日、キプロス政府が預金封鎖を発表しました。(『ウォーレン・バフェットに学ぶ!1分でわかる株式投資~雪ダルマ式に資産が増える52の教え~』東条雅彦)

キプロスの預金封鎖に学ぶ、日本人が自分の預金を守り抜く方法

日本で「預金封鎖」はあり得るのか

日本で「預金封鎖」はあり得るのでしょうか。

かつて我が国では1946年に預金封鎖が実施され、世界でも稀に見る「預金封鎖の成功例」になっています。

預金封鎖は、資産課税を行うために実施されます。政府が借金を返せなくなって、いよいよピンチになると、国民の財産を政府に移管することで難を逃れようとします。財政再建の方法としてはとても強引ですが、効果は絶大です。

本稿では、前時代的でナンセンスに思える、この「預金封鎖」に関する情報をお届けします。意外にも預金封鎖は21世紀に入っても実施された例がたくさんあり、歴史的にはそれほど珍しいことではありません

直近では3年前の2013年3月にキプロスで預金封鎖が実施されました。

<預金封鎖実施例>

1933年3月4日 アメリカ
1946年2月16日 日本
1990年3月15日 ブラジル
2001年12月1日 アルゼンチン
2002年7月30日 ウルグアイ
2013年3月16日 キプロス

当時、日本のマスコミは大々的に報道せず、私たちはキプロスの預金封鎖に関して、何か漠然と怖いものであるというイメージしか持てずにいました。

具体的なイメージを持てば、変な恐怖感は和らぎ、万が一の場合も冷静に対処できるようになるはずです。

あれから3年以上が経過した今、歴史の教訓を学ぶ意味で、キプロスの当時の状況とその後の状況をお伝えして、預金封鎖の真実に迫りたいと思います。

なぜキプロスは預金封鎖に至ったのか?

キプロスは、地中海に浮かぶ人口約87万人の島国です。この国はオフショア金融センターとして、多大な預金を保有していました。特にロシア富裕層からの預金を多く預かっており、GDPの800%(17兆円超)ものお金が集まっていました。

キプロスのGDPは219億ドル(1ドル=100円換算で2兆1900億円)ほどで、日本の経済規模の0.4%です(日本の都道府県で言えば、高知県の経済規模とほぼ同等です)。

キプロスは、歴史的にギリシャと深い繋がりを持っています。そのため、キプロスの銀行はギリシャの国債を多く購入していました。

そのギリシャは、2010年頃から財政危機が表面化し始めます。2011年には格付会社ムーディーズは、すでに投機的等級にあったギリシャの格付けを、さらに3段階も引き下げました(「Caa1」⇒「Ca」)。

格付け「Ca」と言えば、最も低い「C」より一段階だけ上に位置するものの、ほぼデフォルトに陥っている状態を示します。

2012年3月にはギリシャ国債の値下がりで買い手がつかず、利回りが36.5%まで上昇しました。ギリシャ国債がほぼ紙屑になったことで、キプロスの銀行は大損害を受けてしまったのです。

運命の土曜日

2013年3月16日土曜日、キプロス政府は「預金封鎖」を発表します。国内の銀行業務およびオンライン取引を停止しました。この現代において、そんな前時代的なことができるのか?と世界中で衝撃が走りました。

タイムスケジュールは次の通りです。

<2012年6月25日>

欧州連合に緊急融資を要請。

<2013年3月15日>

ユーロ圏財務相会合で銀行預金への課税を条件とする100億ユーロのキプロス支援策を決定。

<2013年3月16日>

預金封鎖を発表。

<2013年3月19日>

キプロス議会は銀行預金への課税に関する法案を否決(賛成ゼロ、反対36、棄権19)。

<2013年3月25日>

アナスタシアディス大統領と欧州連合が交渉、支援条件で合意。

<2013年3月28日>

銀行が約2週間ぶりに営業を再開し、ユーロ圏で初の資本規制(預金引出制限など)。

重要な事実

このようにキプロス政府は、EUからの100億ユーロの支援が決まった3月15日の翌日に、預金封鎖を発表しました。

10万ユーロ以下の預金者には6.75%、10万ユーロ超の預金者には9.9%の預金税を課すのが当初案でした。少額利用者も含めて、国民全員に負担を求めようとしたのです。

しかし、3月19日の議会では賛成する議員は1人もおらず、36人が反対して、19人が棄権しています。国民を目の前にして、自分の首をかけて賛成できる議員は一人もいなかったのです。

Next: ブルドーザーで銀行突撃!キプロス国民の預金は結局どうなった?

1 2 3 4

文中に紹介されている価格については、掲載日時点のものとなります。実際の価格は購入先ページでご確認ください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい