fbpx

安倍マリオ「東京オリンピックへの危険なBダッシュ」3つの落とし穴=斎藤満

リオ五輪閉会式で、任天堂の人気キャラクター「マリオ」に扮して会場を沸かせた安倍総理。次回開催地の東京を強くアピールするとともに、2020年五輪にもぜひ「総理」として参加したい、との強い意志がにじみ出たパフォーマンスでした。

しかし、参院選大勝という「スター」をとって、一見、無敵状態の安倍マリオをもってしても、待ち受ける数々の落とし穴を飛び越え「2020年のゴール」にたどり着くのは容易でありません。(『マンさんの経済あらかると』斎藤満)

プロフィール:斎藤満(さいとうみつる)
1951年、東京生まれ。グローバル・エコノミスト。一橋大学卒業後、三和銀行に入行。資金為替部時代にニューヨークへ赴任、シニアエコノミストとしてワシントンの動き、とくにFRBの金融政策を探る。その後、三和銀行資金為替部チーフエコノミスト、三和証券調査部長、UFJつばさ証券投資調査部長・チーフエコノミスト、東海東京証券チーフエコノミストを経て2014年6月より独立して現職。為替や金利が動く裏で何が起こっているかを分析している。

※斎藤満氏の有料メルマガ『マンさんの経済あらかると』にご興味をお持ちの方は、ぜひこの機会にバックナンバー含め今月すべて無料のお試し購読をどうぞ。

一見、無敵状態の「安倍マリオ」を待ち構える即死トラップとは?

リオ閉会式で東京を存分にアピール

無事に開催できるのか不安視されたブラジル・リオでのオリンピックが、現地時間の21日、大過なく幕を閉じました。日本は41個のメダルを獲得し、多くの感動ドラマを作り出すとともに、競技を通じた友情、チームワークの良さで日本を大いにアピールしました。

そして閉会式では、次回開催の東京をアピールするプロモーションビデオが紹介された後、「スーパーマリオ」に扮した安倍晋三総理が地球の裏側から現れ、万雷の拍手で迎えられました。次の開催地東京を強く印象付け、各国メディアもこれを大きく取り上げました。

オリンピック旗の受け渡しに登場した小池百合子東京都知事の着物姿よりも、安倍総理のプレゼンスがより強く印象付けられる形となりましたが、それだけ次の東京大会に賭ける安倍総理の思いが強く表れていました。

つまり、総裁任期を延長してでも、2020年の東京大会には「総理」として参加したい、との意志がにじみ出たものでした。

「安倍降ろし」に発展しかねない米国リスク

リオでは4年後を担う若手の活躍が目立ち、彼らはすでに4年後の東京を目指して準備を始めています。

安倍政権としても、リオでの盛り上がりをエネルギーに、東京大会に向けて邁進したいところですが、安倍総理にとっては今後の4年間はまさに「いばらの道」で、いくつもの難関を乗り越えねばなりません。

中でも最大の難関は、(1)米国との関係です。

【関連】日中戦争の仕掛け人。日本会議以上に危険な「台湾ロビー」の正体

安倍政権は米国の新保守派(ネオコン)に支えられ、外交から経済戦略に至るまで米国に120%依存(従属)する政権です。その米国が大統領選挙を機に、大きく変わる可能性があり、これに日本がうまくついていけるのかが問われます。

米大統領選挙で、CFR(外交問題評議会)が後ろ盾となるドナルド・トランプ氏が勝利し大統領になると、日本には様々な軋轢が予想されます。

そもそもCFRは2013年の終わりから14年にかけて、安倍政権を「右傾化した戦争好きの危険な政権」と位置づけ、主要メディアを通じて「安倍降ろし」を展開した経緯があります。

仮に「トランプ大統領」が実現すれば、そのCFRが大きな影響力を行使する可能性が強くなります。トランプ氏は、米国が日本の防衛費を負担し過ぎているとして、日本が独自の防衛体制をとるか、米国に支払う防衛コスト分を倍増しろと言っています。

日本は、米国の核の傘に入った防衛戦略がとれなくなる可能性があるのです。

Next: トランプでもヒラリーでも突入不可避の「超円高」ステージ

1 2 3 4 5

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい