fbpx

「酎ハイに消毒用アルコール」でも底堅い鳥貴族の株は買いなのか?=八木翼

今回分析するのは、アルコール誤使用事件を起こしたばかりの鳥貴族。事件の株価への影響は軽微のようですが、それでもこの企業に投資する価値があるのかを検討してみます。(『バフェットの眼(有料版)』八木翼)

会社名:鳥貴族<3193>
現在株価:1877円(2016年8月19日終値)

※『バフェットの眼(有料版)』では、読者からのリクエストも踏まえ、毎号さまざまな企業を詳しく分析しています。ご興味を持たれた方はぜひこの機会にバックナンバー含め今月分すべて無料のお試し購読をどうぞ。

お騒がせ「鳥貴族」の企業価値をバフェット流12の視点で分析

鳥貴族が繰り返す「単純作業」とは?

鳥貴族は、以前に分析したハイデイ日高と同様、伸びる可能性が高い企業です。

なぜか?

それは、単純作業を繰り返す会社だからです。

私はこれまで、様々な企業を分析してきました。あからさまに成長した企業もありますし、
分析結果は悪くないけれど、あまり成長しない企業もありました。

安定感」と口で言うだけなら楽なのですが、その「安定感」をどうやったら判別できるのか、これまでずっと疑問でした。しかし、実は案外簡単な方法で判別できることが分かったのです。

それは、EPS成長率の直線性(R2乗の数値)です。

【関連】なぜ「日高屋」ではビールが進むのか? バフェット流12の視点で分析=八木翼

【関連】ソフトバンク孫社長のARM3.3兆円買収「高けーよハゲ!」批判は正当か?=八木翼

普通、世の中は複雑で、利益は乱高下して、株価なんて予測できません。これはほとんどの業界に当てはまる事象ですし、私もそう思います。

しかし世の中には、「儲かるコンセプトを持つ店があって、店舗を増やすだけで儲かるビジネス」というのが存在します。

具体的に言えば、ニトリABCマートステップ(学習塾)などです。これらの株のEPS成長率のR2乗(直線からのずれ)を見てみると

  • ニトリ:0.928
  • ABCマート:0.9134
  • ステップ:0.9808

となっています(1に近いほど直線性があります)。

「世の中の事象は簡単に予測できない」ことを述べている『ブラックスワン』という有名な本の中にも、「実際、型にはまっていればいるほど予測もうまくできるようになる」との指摘があります。

いかに「型にはまっている」企業を探すか?それは、利益の上昇に直線性があるかどうかに着目することで、案外簡単に見つかるのです。

以上を踏まえて、最近、アルコール誤使用事件で世間を騒がせたばかりの鳥貴族を見ていきましょう。

Q1:その企業は消費者独占力を持っているか

持っています。鳥貴族は1商品が280円固定の居酒屋です。最近の居酒屋は、高級路線に走る店が多く、割安の居酒屋が歓迎されています。サイゼリアで結構お酒が消費されているのがいい例でしょう。

飲み会と言うと、一人5,000円程度が相場でしたが、280円であれば、一人4品頼んでも1,200円程度です。私も行ったことがありますが、ボリュームもあります。

また、一人用、二人用、団体用の席が用意されており、一人でも入りやすい雰囲気が確保されていました。その点も、他店にはない工夫です。お一人様が増えている昨今、貴重なお店だと思います。

Q2:その企業を理解しているか

理解しています。居酒屋を経営するチェーン店です。飲食店ですので、店舗の増加に合わせた売上増、利益増が期待でき、予測しやすい業種と言えます。

半導体や銀行など、技術革命やローンによる波の影響を受けにくい業種とも言えます。

Next: 「鳥貴族」の業態は、今から20年後も陳腐化しないのか?

1 2 3 4 5

文中に紹介されている価格については、掲載日時点のものとなります。実際の価格は購入先ページでご確認ください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい