fbpx

安倍昭恵首相夫人の「沖縄電撃訪問」でリベラル派が嵌った落とし穴=ちだい

首相夫人は一般人ではなく、政治家の一人と変わらない。そんな安倍昭恵が三宅洋平と知り合ったことで沖縄・高江を訪問したわけだが、これがビックリするほど炎上している。(『原発ニュース最新情報』ちだい)

※本記事は、『原発ニュース最新情報』2016年8月12日号の一部抜粋です。ご興味を持たれた方はぜひこの機会にバックナンバー含め今月すべて無料のお試し購読をどうぞ。

“裏切り者・三宅洋平”の吊し上げに走るリベラル派は何を失ったか

ファーストレディ・安倍昭恵

皆さんは、安倍昭恵をどんな人だと思っているだろうか。

もちろん、安倍首相夫人ということは、「ファーストレディ」であり、一般人ではなく、公人とみなすことができるだろう。

首相夫人には首相夫人らしい振る舞いが求められるし、いくら「私が結婚した人がたまたま総理大臣になっただけです」と言っても、深夜のドンキホーテでヤンキー座りしながらタバコを吸っていたら、「こんなことでいいのか?」と批判に晒されるだろう。

要するに、首相夫人は一般人ではなく、政治家の一人と変わらない。

そんな政治家とほぼ変わらない安倍昭恵が8月6日、ヘリパッド工事問題で揺れる沖縄の高江地区を訪れた。

【関連】安倍マリオ「東京オリンピックへの危険なBダッシュ」3つの落とし穴=斎藤満

沖縄・高江地区

高江地区は、かねてから米軍のヘリパッドを建設しようとしている場所で、もし本当にヘリパッドが完成したら、墜落の危険の高いオスプレイが離着陸するほか、沖縄の自然が失われ、ここに生息する天然記念物に指定された動物たちの生態系を壊すことにもつながる。

そして、ここにヘリパッドを建設することに反対している人たちが最も嫌がっているのは、70年前の戦争の記憶である。沖縄には戦争を経験した人たちが今でも生きており、かつて米軍は、そんな高江の人たちを「仮想敵」として訓練していたことがある。

本当に撃たれることはないまでも、善良な地元民たちが銃口を向けられることはある。その様子を描いたのが『標的の村』という映画だ。

さまざまな理不尽が繰り返された歴史のある村にヘリパッドを建設するのだから、地元の人々が反対しないわけがない。あんなに悲惨な戦争を何の反省もなく繰り返そうとしているのだから、地元のおじい・おばあが激怒するのは当然だ。

本土で暮らす僕たちは、せいぜい「辺野古」の問題くらいしか知らない。

今でこそ偉そうにコラムを書いているが、そういう僕も高江の問題は知らなかったし、沖縄県知事選を追いかけるために辺野古を訪れた際に、地元の人から「もう一つ見ておいた方がいい場所がある」と言われ、初めて高江を訪れ、この問題を知った。

その時はまだ工事が中断されており、今は激しく抗議している市民グループの人たちにも束の間の平和が訪れていたように思う。

ただ、前々からアポを入れて訪れたのではなく、アポ無しで見に行ってしまったので、地元の人たちからは、めちゃくちゃ警戒されたのを覚えている。

あの時は映像作家の横川圭希さんと見に行って、横川さんがヒッピーっぽくて、僕がニートっぽい風貌だったこともあって、さすがに政府関係者ではない感じが伝わり、ただ見に来ただけだと理解してもらえたので、打ち解けてからはすぐに案内してもらえたが、これまで何度も騙されてきた歴史がそうさせたのかもしれないが、地元の人たちは明らかに僕たちを不審がっていた。

三宅洋平と安倍昭恵夫人

高江がそんな環境であることを理解していただいた上で、このたびの安倍昭恵の訪問である。

事の発端は、参院選の後、三宅洋平と安倍昭恵が対談をした際、安倍昭恵が安倍晋三に電話をかけ、三宅洋平と安倍晋三が話をしたのだが、結局、軽い挨拶程度にとどまり、あとで三宅洋平が「安倍首相に高江を見てくれと言えなかった」とツイートしたことから、昭恵の方から「私が見に行きたい」と提案され、それならと三宅洋平が高江に連れて行った。

Next: 「パワフルおばちゃん」安倍昭恵の真意と、三宅洋平の大炎上

1 2 3 4

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい