fbpx

「金貨を買えない時代」がやって来るヤァ!ヤァ!ヤァ! その理由はどう見ても…

生産量が減る中で「生産枚数」だけが増えるカラクリ

<金貨の種類別生産比率>

170616kanshakounen_4

(ケ):イーグル金貨の種別生産比率
生産量が激減する中、何としても見かけを良くするために生産枚数を増やしています。

2016年は全生産枚数の42%が1オンス金貨でしたが、2017年5月までの生産実績では、1オンス金貨がたったの30%です。そして小さな金貨の生産枚数を増やしています。特に1/10オンス金貨は2016年47%だったのが、2017年5月までの生産実績では53%に生産枚数を増やしています。

米国造幣局の生産能力は十二分にあり、製造設備が一部遊休状態であることは、2013年の1月の生産実績から明々白々です。

とにかく、原材料が入らないのが原因でしょう。価格が安かろうが、高かろうが、現物がなく買えない時代に突入するかもしれないと警戒せざるを得ません。

大手金鉱山・銀鉱山の中には、金価格安・銀価格安から来る赤字に耐えられず、不採算鉱山を中国の大手金鉱山企業に切り売りするところもあります。

このような状況がどこまで続くかはわかりませんが、大手ブリオンバンクは、この状況を活用して自己勘定取引で買い集めています。

6月の生産もきっと増えることでしょう。これについては、また別の記事で最新データを紹介します。

高値になっても金貨現物は手に入らない状態に

現在の金価格や銀価格が安値レベルにあるとわかっている一般人はあまりいません。これが一般人にもわかる状態となっても、すなわち高値になっても、金貨現物は手に入らない状態になるでしょう。

金融システムが英国ユーロ離脱、ユーロ圏の崩壊の可能性、ギリシャ債務危機の再燃、ドイツ銀行問題、諸銀行問題で大きく軋んでいます。どこを見ても問題山積、当然、投資家たちはヘッジファンドから資金を引き上げ、別の安全地帯に向かっています。
続きはご購読ください。初月無料です<残約3400文字>

購読開始ですぐ読める! 6月配信済みバックナンバー

・米国株式市場からの資金流出/材料が無いので…(6/17)
・消耗品も売れないので/お洒落も我慢(6/16)
・供給不足で御免なさい/消費不況の深刻化(6/15)
・食品も売上減と言うことは/ここも駄目(6/14)
・富裕層の4割近くが怖れていること/投資資金の動き(6/13)
・米国新車販売:2017年5月/ロシアとイランの合意(6/12)
・今は異常な混乱状態/ドイツもコイツも嘘ばかり?(6/10)
・特別引出権の誕生の裏では:No.4(6/9)
・特別引出権の誕生の裏では:No.3(6/8)
・特別引出権の誕生の裏では:No.2(6/7)
・カタール、サウジアラビア(6/6)
・特別引出権の誕生の裏では:No.1(6/6)
・黒字回復したものの!/金貨を正貨に:アリゾナ州法(6/5)
・巨大借金漬け社会の幕開け(6/2)
・ここが赤字転落とは驚いた(6/1)

<こちらも必読!月単位で購入できるバックナンバー>

・銀鉱山として紹介するのはここです:6~9/(5/31)
・銀鉱山として紹介するのはここです:3~5/(5/30)
・供給量が減っているのに、安いのは何故?/銀鉱山として紹介するのはここです:1~2(5/29)
・2017年5月 米国新車販売台数の予測(5/28)
・金貨を正貨に:アリゾナ州/本気なのか? 金本位制復帰(5/27)
・ここまで節約するのは、不況だから/興味深い重要な変化(5/25)
・4月の需要は4倍以上に/後1年半以内に450支店を閉鎖する(5/24)
・1ヶ月遅れの第1四半期業績/銀貸出金利/この仕組み、駄目かも?(5/23)
・油田、ガス田で採掘業者の支援サービスをする企業の倒産は続く/(5/22)
・2017年のOPECレポート:5月(5/22)
・断言した商務長官/景気一段の悪化/5月10日:銀価格と貸出金利(5/19)
・全従業員の1/7の解雇は、多すぎない!/食品スーパーも売れ行き激減、全店舗閉鎖(5/18)
・時々 起きている米国の中小の銀行倒産/2017年5月9日までの1年間の銀価格(5/17)
・米国新車販売:モデル・チェンジ操業一時停止/米国自動車販売:後に廻ってくるツケ(5/16)
・米国新車販売:トラック部門でも起きている話/米国新車販売:夏季操業停止(5/15)
・米国自動車産業の現実と未来(5/12)
・供給不足で御免なさい/生産販売実績 2017年4月(5/11)
・さらなるリストラ必須/ここが潰れればどこに影響が出る?(5/10)
・多重債務の現状(5/9)
・借金は決して消えない。危機も消えずに破裂するまで続く(5/8)
・国家方針に従って、進んでいる(5/5)
・10年前のあの時よりも悪い/(5/4)
・顧客離れか? 貧困問題か?/顧客離れか? それとも不況のせいか?(5/3)
・公式発表以外に秘密裏に閉店するシアーズ/大鉈を振ったはずだが、それでも足りない(5/2)
・全ては貧困化から起きている/中国の海洋制覇の野心(5/1)

※5月以前に配信された記事を読むには、6月分すべて無料の定期購読手続きを完了後、ご希望の配信月分バックナンバーをお求めください。


※本記事は、『いつも感謝している高年の独り言(有料版)』2017年6月15日号の抜粋です。ご興味を持たれた方はぜひこの機会にバックナンバー含め今月すべて無料のお試し購読をどうぞ。

【関連】「ビットコイン相場は来年2月、1万3800ドルへ」強気予測の気になる中身=高島康司

【関連】ブラックスワンには早すぎる。ナスダックも日経平均も今からが上昇本番だ=江守哲

【関連】「銀」を買う者だけが生き残る?日銀の「神風特攻」に怯える世界経済

1 2
いつも感謝している高年の独り言(有料版)』(2017年6月15日号)より一部抜粋、再構成
※太字はMONEY VOICE編集部による
初月無料お試し購読OK!有料メルマガ好評配信中

いつも感謝している高年の独り言(有料版)

[月額660円(税込) 毎週月・火・水・木・金曜日(祝祭日・年末年始を除く)]新聞等に報道されない海外でのディープな情報をお届けします。出来る限り、時代を先取りした情報やデータをお届けします。
いま読まれてます

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー