fbpx

個人型確定拠出年金の勝ち組と負け組~上位3社が選ばれる理由とは?=梶原真由美

口座管理手数料(コスト)での比較

iDeCoは口座開設後も毎月手数料が発生します。年金運用なので多くの人は長い期間支払い続けることになりますので、このコストはなるべく小さく抑えたいものです。

ランキング上位3社の口座管理手数料(掛金拠出者の場合、税込)は以下の通り。

SBI証券:491円(残高50万以上の場合:167円)
楽天証券:393円(残高10万以上の場合:167円)
スルガ銀行:167円

スルガ銀行が1歩リード、次点で楽天証券です。

しかし残高がある程度になれば、3社ともに167円となり横並びです。また、楽天証券は残高10万以上と安くなるハードルが低く、SBI証券はキャンペーンをしており2017年3月末までの口座管理手数料が無料です。167円は実際は各社には入らず、国民年金基金連合会や信託銀行に支払う定められた手数料なので、これ以上安くしようがないのです。

以下、その他手数料の比較です。

給付事務手数料

将来年金として受け取る時の給付1回あたりの手数料。

SBI証券:432円
楽天証券:432円
スルガ銀行:432円

還付手数料

法で定められた限度額を超えて拠出された掛金、あるいは加入資格のない月に拠出された掛金などを、加入者に返す時の1回あたりの手数料。

SBI証券:2,109円
楽天証券:1,461円
スルガ銀行:2,109円

移換時手数料

他の金融機関、または企業型確定拠出年金に移換する際に発生する手数料。

SBI証券:4,320円
楽天証券:4,320円
スルガ銀行:4,320円

このように、手数料では上位3社ほとんど横並びとなっています。

Next: サイトの使いやすさ(情報量)、商品ラインナップも比較してみよう!

1 2 3
いま読まれてます

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー