fbpx

「アジア覇権」を中国に任せるトランプ、日本は生き残れるのか?=石平

17日にニューヨークでトランプ次期大統領と会談し、「ともに信頼関係を築いていくことができると確信」したという安倍総理ですが、事はそう簡単に運びそうにありません。無料メルマガ『石平(せきへい)のチャイナウォッチ』によると、中国を代表する国際政治学や米国研究の専門家たちは、新大統領が主張するアジア戦略の転換は中国にとって大きなチャンスとなる可能性が高いとの見方を示し、トランプ氏の当選をおおむね歓迎しているとのこと。石平さん自身も「日本にとっては悪夢である」との悲観的な見解を記しています。

米国のTPP不参加と沖縄米軍基地問題にほくそ笑む中国…

アジアに混乱もたらすトランプ大統領の登場

今月9日午後、トランプ氏の次期米大統領当選が確定した直後に、中国の環球時報は「九大専門家」と称する9人の国内専門家を招いて「トランプ大統領」に関する座談会を開き、その内容をネット上で公開した。

その中で、中国を代表する国際政治学や米国研究の専門家たちは、トランプ氏の経済政策が中国の対外貿易に大きな挑戦をもたらすだろうとの警戒感を示した一方、トランプ政権の外交政策やアジア戦略に対してはおおむね好感と期待を寄せている。

復旦大学国際問題研究院常務副院長の呉心伯教授は、トランプ氏がオバマ政権以来のアジア重視のリバランス戦略に対して「調整」を行う可能性が大だから、中国に対する米国の戦略的圧力は低減するであろうとの観測を行った。

【関連】現代経済史で読み解く「トランプ経済学」得をするのは中国とインド?=栫井駿介

現代国際関係研究院・アメリカ研究所の達巍所長もそれに同調しトランプ氏の政策は日米同盟日韓同盟の弱体化を招きリバランス戦略の破壊」をもたらすのではないかと期待感をにじませた。

外交学院国際関係研究所の李海東教授に至っては、トランプ政権下で中国と紛争しているアジア諸国は米国からの「強力な支持を失う」ことになるから、アジア太平洋地域は今後「中国の実力と影響力が急速に上昇する時期を迎えるだろう」と豪語するほどの興奮ぶりである。

9人の専門家のうち、トランプ氏の外交政策が中国に「有利」だと判断したのは5人である。そこには彼ら自身の期待的観測も含まれているだろうが、まったく根拠のない論調でもない。

Next: TPP取り止めも沖縄米軍基地撤退も中国にとって千載一遇の大チャンス

1 2 3

文中に紹介されている価格については、掲載日時点のものとなります。実際の価格は購入先ページでご確認ください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい