fbpx

「北方領土断固奪還」で最後に泣く国、笑う国、ほくそ笑む中国=北野幸伯

解決の糸口がなかなか見えてこない「北方領土問題」ですが、ここにきて政府は「2島を先に返還してもらう」という妥協案をロシア側に提示する方針と報じられました。この問題における周辺各国の利害をどう考えるべきでしょうか?無料メルマガ『ロシア政治経済ジャーナル』の著者でロシア在住の北野幸伯さんが詳しく分析・解説しています。

世界的な戦略家が日本に「北方領土問題の棚上げ」を勧める理由

日本政府、北方領土「2島先行返還論」に回帰か?

ご存知の方も多いと思いますが、読売新聞に、大変興味深い記事が載っていました。

政府は、ロシアとの北方領土問題の交渉で、歯舞群島、色丹島の2島引き渡しを最低条件とする方針を固めた。平和条約締結の際、択捉、国後両島を含めた「4島の帰属」問題の解決を前提としない方向で検討している。安倍首相は11月にペルー、12月には地元・山口県でロシアのプーチン大統領と会談する。こうした方針でトップ交渉に臨み、領土問題を含む平和条約締結に道筋をつけたい考えだ。複数の政府関係者が明らかにした。

択捉、国後については日本に帰属するとの立場を堅持する。その上で、平和条約締結後の継続協議とし、自由訪問や共同経済活動などを行いながら、最終的な返還につなげる案などが浮上している。

引用:北方領土、2島返還が最低限…対露交渉で条件 – 読売新聞 9月23日(金)

整理してみましょう。

  1. 歯舞群島、色丹島の2島引き渡しを最低条件とする
  2. 平和条約締結の際、択捉、国後両島を含めた「4島の帰属」問題の解決を前提としない
  3. その上で、平和条約締結後の継続協議とし、自由訪問や共同経済活動などを行いながら、最終的な返還につなげる

もっとわかりやすい言葉で言うと。

  1. 歯舞群島、色丹島を返してもらう
  2. 平和条約を締結する
  3. 国後、択捉については、平和条約締結後、協議を継続する

(1)と(2)どっちが先なのか、この記事ではわかりません。これって、鈴木宗男さんや佐藤優さんが主張していた、「2島先行返還論」ですね。政府は一応否定していますが、今回はこの件について考えてみましょう。

Next: 戦争に確実に近付いている「日中関係」

1 2 3 4 5

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい