fbpx

「北方領土断固奪還」で最後に泣く国、笑う国、ほくそ笑む中国=北野幸伯

領土問題は棚上げが最良

既述のように、中国の脅威に立ち向かうためにロシアとの関係改善は必須です。しかし、4島にしろ、2島返還にしろ、ロシアの現状からみると、「大損」であることに違いありません。もちろん、日本にはその「大損を埋める見返り」が要求されるでしょう。それは、日本とロシアをつなぐガスパイプライン建設でしょうか? 東シベリアへの大々的な投資でしょうか? いずれにしても日本にとってロシアは、「中国に対抗するために大事なのだ」という、「大戦略的視点が必要です。

北方領土問題について、ルトワックはなんといっているのでしょうか?

日本政府が戦略的に必要な事態を本気で受け入れるつもりがあるならば、北方領土問題を脇に置き、無益な抗議を行わず、ロシア極東地域での日本の活動をこれ以上制限するのをやめるべきだ。

このこと自体が、同地域での中国人の活動を防ぐことになるし、ロシアが反中同盟に参加するための強力なインセンティブにもなるからだ。
出典:『自滅する中国』192p

安倍総理は、賢明な外交によってアメリカ、ロシアを味方につけ、尖閣、沖縄、そして日本を中国の脅威から守っていただきたいと思います。そっちの方が「歴史的」です。

【関連】怒りのプーチンが西側メディアに警告した「第三次世界大戦」開戦の理由

【関連】なぜ北朝鮮の金正恩第1書記は核開発と幹部粛清をやめられないのか?=高野孟

【関連】中国に工場を作って中国から輸入する「自殺パッケージ」で日本は壊れた=三橋貴明

1 2 3 4 5

ロシア政治経済ジャーナル』(2016年9月26日号)より一部抜粋

※太字はMONEY VOICE編集部による

無料メルマガ好評配信中

ロシア政治経済ジャーナル

[無料 不定期]日本のエリートがこっそり読んでいる秘伝のメルマガ。驚愕の予測的中率に、問合わせが殺到中。わけのわからない世界情勢を、世界一わかりやすく解説しています。まぐまぐ殿堂入り!まぐまぐ大賞2005年・2008年ニュース・情報源部門一位の実力!

文中に紹介されている価格については、掲載日時点のものとなります。実際の価格は購入先ページでご確認ください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい