fbpx

官製相場の裏で「実質金利が暴騰している」かもしれない日本経済=児島康孝

不足する中小・零細企業や個人への貸し付け

こうした高い金利でリスクをとって貸し出すのは、かつては日栄商工ファンド(SFCG)でした。

しかし、「臓器を売って金返せ」という取り立てが社会問題化した日栄は消滅。また商工ファンドも、裁判を連発する異常な取り立てを行っていました。裁判所の期日簿(予定表)をみると、日本全国どの地域に行っても、商工ファンド(SFCG)が、ずらりと並んでいるのです。さらに、商工ファンド(SFCG)は、リーマンショックも重なり経営破たん。

【関連】人件費高騰というウソ。幸楽苑の「大量閉店」が象徴する日本の病=児島康孝

これらの企業は確かに問題を抱えていましたが、世の中から消え去ってしまうことで、その分の融資も日本社会から消えてしまったのです。

こうして、「官製レート」だけが残ったわけですが、中小・零細企業や個人への貸し付けは不足することになり、日本のデフレを厳しいものにしていると考えられます。

【関連】衰退国家の日本で最後に生き残るのは「一握りの投資家」だけと知れ=鈴木傾城

【関連】ポスト黒田に色気「本田氏の口先」に気をつけろ~FRB・日銀人事の注目点=E氏

【関連】プロ視点で考える「日銀のETF買い」本当の効果。官製相場はいつまで続く?=高梨彰

1 2

ニューヨーク1本勝負、きょうのニュースはコレ!』(2017年11月30日号)より抜粋、再構成
※太字はMONEY VOICE編集部による

無料メルマガ好評配信中

ニューヨーク1本勝負、きょうのニュースはコレ!

[無料 日刊]
FRB緊急利下げへ」「日銀マイナス金利」をヒットさせた腕を生かし、海外投機筋、米・欧・日の中央銀行の最新情報をメルマガで!まぐまぐ殿堂入り、MONEY VOICE掲載メルマガ。為替FX・株式・資産運用のヒントに、一味違うメルマガ情報。※号外広告あり

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー