fbpx

ディスプレイを何枚も並べるデイトレーダーは、みんな「アレ」を監視していました

株式投資暦11年の専業デイトレーダー・F氏の場合

[ ディスプレイの数 = 6枚 ]

マザーズなど新興市場の個別銘柄をメインに売買する専業デイトレーダー・F氏は、合計6枚のディスプレイを使用中。

そのうち4枚は、監視リストに入れた個別銘柄の板とチャート(常時50銘柄以上)をチェックするのに活用しています。2年前から、音声読み上げソフトも併用しはじめました。

Fさんは、期待できそうな銘柄を発見しても、すぐには手を出さず、様子見するタイプ。実際に期待通りの値動きが発生したのを見てから参加するため、どうしても監視銘柄が多くなってしまうとのこと。

いったんエントリーした後の売買回数は多めだそう。1日に何回も細かく利益を抜き、回数で勝負するのがFさんのスタイルです。

それには「いま盛り上がっている銘柄」をキャッチする必要があるため、ディスプレイの1枚を使って値上がりランキングやニュース・掲示板などをリアルタイムでチェック。マザーズ指数や日経平均株価、ドル/円などの主要指標までカバーするようにしています。

残り1枚のディスプレイには、発注画面とテレビ画面を表示。「ザラ場の暇つぶしで観ているうちに、実家の母親より芸能ゴシップに詳しくなってしまった」と笑うFさんでした。

Next: 日経225先物 / FXトレーダー兼サラリーマン・M氏の場合

1 2 3
いま読まれてます

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー