fbpx

貴乃花親方「すべてを語る」で、それでも触れられなかった相撲協会の闇=山岡俊介

触れられなかった「八百長問題」

関係者は次のように語る。「それは八百長問題につき一切触れていないからです。貴乃花親方は、本心では、あの席は貴ノ岩は八百長を迫られ、それを断ったことから集団リンチを受けたと思っています。しかし、貴乃花とて親方として協会の一員。それを口にはさすがにできませんから」。

同番組で、貴乃花は、貴ノ岩が頭のケガを問われ当初、「転んだ」と隠していたが、それは現場に同席した、貴ノ岩の日本において親代わりになってくれていた高校時代の相撲部監督に迷惑をかけたくなかったからで、自分が貴ノ岩でも同じようにしたと述べているが、それはお茶を濁している部分があるという。

ただし、そうした指摘をされると、番組のなかで貴乃花が、暴行現場に「同席した力士が土俵に上がるのは神事に反する」と述べているのは、ハッキリいえば引退すべき、もっと言えば暗に共犯と語っているようにも思えてくる。

「単に暴行をすぐ止めなかったからではなく、日馬富士に八百長の話をさせ、それで断られるとリンチを暗に指示、それを傍観したその場のモンゴル力士は皆、許せないということ。むろん、その一番の中心は白鵬と。もし100歩譲り、協会側に免罪符を与えるとすれば、ここまで真相まで暴露すれば白鵬、鶴竜と3人もの横綱の首が一度に飛ぶことになる。それでは興行が成り立たなくなりますから」(同)

限りなく深い相撲協会の闇

なお、番組の解説をもう少ししておく。

協会の報告書では、暴力を奮った日馬富士の処分は免れないとしても、事の発端は白鵬に本場所で勝った貴ノ岩が「これからは俺たちの時代」といって関係者と言い合いになったことであり、また説教中にスマホをいじっていたことが直接の暴力の契機になったとして、貴ノ岩にも非があるかのような内容になっている。

これも貴ノ岩の陳述書では、自分はそうした非はないし、被害者の自分がなぜそんなことを言われるのかと完全否定していると紹介している。

本紙がいち早く報じたいわゆる「貴文書(事情説明書)」にも言及。被害者の貴ノ岩の言い分を聞くことなく報告書を出した協会に、貴乃花は言葉こそ穏やかだが、不信感の塊と言っているに等しい場面も。

一方、理事解任についても貴乃花はこの間、文書で必要に応じて報告を協会側に上げるなどしており、池坊保子評議員議長が述べたような協会側に対して礼を欠いたような対応は一切しておらず、連絡が取れないと、鏡山親方が何度も貴乃花部屋を訪ねたことに「来られる意味が分からない」とまで発言。

その時の映像を大手マスコミが流すことで、貴ノ岩同様、自分を悪者に仕立て上げたと言わんばかりの場面も。そして、理事解任につき「認められるものではない」とも述べている。

以上を見て来ると、貴乃花の言い分にはかなりの説得力があると思われるし、この間の本紙の報道内容は基本的に間違っていないこと、何より相撲界の闇は限りなく深いと再確認させられた。

次項からは、本紙が追っている別の事件も紹介する。

Next: 明治学院、盗聴に抗議する教授を懲戒解雇/新たな仕手株

1 2 3 4

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい