fbpx

利上げどころかマイナス金利に?イエレンと地区連銀総裁の気になる発言

米利上げの時期が注目される中、イエレンFRB議長は「マイナス金利は1つの追加的政策の手法」と発言。ミネアポリス地区連銀総裁もFF金利の引き下げを主張している。(メルマガ『いつも感謝している高年の独り言』)

マイナス金利は「追加緩和の一手法」イエレンFRB議長

9月17日に行われたFOMC会合のイエレンFRB議長記者会見の内容が、筆記録として発表されましたので、その中でもっとも気になった箇所を紹介します。

イエレン議長会見のポイント

★ダウジョーンス通信・Michael Derby記者の質問
「連銀の会議で、発言者不明ではありますが(筆者注:連銀発表では発言者氏名をすべて抹消しているため)、あなたの同僚である出席者の1人が『マイナス金利にしてみたい』と発言したそうですが――もしさらに、金融緩和策を進めざるを得なくなったときには、新しい刺激策としてマイナス金利を実施するのですか?連銀の政策の道具の1つとしてマイナス金利政策を加えるのですか?」

★イエレンFRB議長の回答
「現在の時点ではマイナス金利政策を真剣に考えてはいません。つまり主要な道具とは考えていません」

「しかし、前回の会議では1人の出席者がインフレ見通しを懸念して、追加的政策として金利をマイナスにするべきだと提案しました。マイナス金利は欧州の数ヶ国で実際に実施されていますが、我々としては現時点では考えていません」

「もちろん我々の大多数は楽観的に考えていますが、もし今後の見通しが悪くなれば、これも1つの追加的政策の手法として、その時点で考えたいと思います」

近い将来、「マイナス金利」が現実のものになるかもしれません。このやりとりを見てそう感じるのは筆者だけでしょうか。近い過去には「消費税」も存在していなかったのです。

しかも、利上げの動きと真逆の、要人による「マイナス金利」への言及は、これだけではありません。

Next: 利上げは無理?ミネアポリス地区連銀総裁がFF金利の引き下げを主張

1 2
初月無料お試し購読OK!有料メルマガ好評配信中

いつも感謝している高年の独り言(有料版)

[月額648円(税込) 毎週月・火・水・木・金曜日(祝祭日・年末年始を除く)]
新聞等に報道されない海外でのディープな情報をお届けします。出来る限り、時代を先取りした情報やデータをお届けします。

文中に紹介されている価格については、掲載日時点のものとなります。実際の価格は購入先ページでご確認ください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい