fbpx

ドル円はFOMC・米雇用統計を控えて新しい流れに入るか〜各通貨ペンタゴンチャート分析=川口一晃

ユーロ/円 落ち着いたのか

190128_pentagon_eurjpy

先週のレポートでは、ACラインに注目した。堅調な展開に移行するのであれば、右肩上がりのACラインに沿った動きが期待されたからだ。実際には、上値の重たい展開が続き、下値支持線ABラインの方が意識されたのだが、先週末にABラインより上方に大きく上昇した。
次の注目日は2月4日前後である。

A点水準:約123円 

今週のポイントは、下げ止まりから落ち着いた動きが続くのかということである。

<あくまでも個人的見解>
ACラインに注目したい。価格の動きを分析すると、先週末の終値水準で買いポジションに転換した。したがって、このまま堅調な展開が続くのであれば、右肩上がりのACラインを意識した動きになっていくことが期待されるからだ。

<トレンドのポイント(長期)>
下落トレンドの上昇局面である。

<あくまで参考売買ポジション(短期)>
現在は、買いポジションに転換した。
売りポジションへの変更は、124円10銭を終値で割り込むことである。

<現在のシナリオ>
下値支持線ABラインが控えている。そして、先週通過した注目日以降も底堅い動きが続いている。したがって、底堅い動きが続くことが期待されよう。

<第2シナリオ>
上値の重たい展開に戻る可能性も残っている。上値抵抗線ACラインは強い上値抵抗線となっている。また、先週末の終値水準でももち合いの範疇を超えていないからである。

豪ドル/円 売り転換と思いきや

190128_pentagon_audjpy

先週のレポートでは、BDラインに注目した。堅調な展開を維持することが出来るのであれば、下値支持線BDラインを維持することが必要されたからだ。実際には、C点が位置する時間帯にBDラインを割り込み売り転換と思いきや、週末には大きく切り返し買いポジションとなっている。
次の注目日は2月5日前後である。

A点水準:約84円50銭
B点水準:約77円
D点水準:約80円

今週のポイントは、堅調な展開を維持することが出来るのか否かということである。

<あくまでも個人的見解>
BDラインに注目したい。堅調な展開が維持されるのであれば、右肩上がりのBDラインに沿って推移していくことが求められるからだ。

<トレンドのポイント(長期)>
下落トレンドの上昇局面である。

<あくまで参考売買ポジション(短期)>
現在は、買いポジション。
売りポジションへの変更は、78円10銭を終値で割り込むことである。

<現在のシナリオ>
BDラインを一時は割り込んだのだが、先週末には再びBDラインを超えて来た。よって、底堅い動きが続くことが期待される。つまり、右肩上がりのBDラインに沿って推移することが出来れば、堅調な展開を維持することができるからだ。

<第2シナリオ>
上値が重たくなる可能性は残っている。上値抵抗線ADラインが控えている。また、B点が位置する時間帯以降、横這いとなっているからである。

Next: ポンド/円 上昇が続く

1 2 3

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい