fbpx

韓国・徴用工問題、日本は国際裁判で敗北する?必ずしも日本有利と言えないワケ=世に倦む日日

マスコミ報道を見るかぎり、日本側は国際司法裁判所の提訴について自信満々で、必ず勝利判決を得ると確信しているようだ。果たして、本当に日本側の勝訴は確実なのだろうか。(『世に倦む日日』)

※本記事は有料メルマガ『世に倦む日日』2019年1月21日号の一部抜粋です。ご興味をお持ちの方はぜひこの機会にバックナンバー含め今月分すべて無料のお試し購読をどうぞ。

国連機関に持ち込まれると日本は分が悪い?世論は自信満々だが…

過熱する嫌韓報道

先週のテレビの報道番組は、ずっと日韓問題を取り上げ、途切れることなく文在寅叩きのプロパガンダを続けていた。

20日はTBSサンデーモーニングが「風をよむ」で日韓問題を取り上げたが、映像に登場した共同通信の太田昌克氏やコメンテーターで出演した涌井雅之氏が、韓国と文在寅を悪辣に叩いて視聴者の韓国憎悪を煽る場面があり、見ながら不愉快な気分にさせられた。

この問題では、一般的にはリベラルと見られている者たちが右翼と同じ口調で揃っていて、右も左もなく韓国叩きに狂奔しているのが特徴だ。

マスコミでも、ネットでも、村山談話のキーワードを持ち出して反骨の論陣を張る者が一人もいない。文在寅大統領の日本政府批判に対して、それを内在的に拾い上げて積極的な意味を見出す者がいない。歴史認識での日本側の右翼化に反省を促し、啓蒙し、そこから安倍批判の説得力に繋げる者がいない。

在日学者の姜尚中氏は、徴用工問題がどのような歴史問題かをよく知っているくせに、それを正面から説明せず、韓国は反日ではなく嫌中だなどと話を逸らし、どうでもいいコメントを垂れて卑劣に逃げていた。マスコミで商売してギャラを稼ぐことの方が大事なのだろう。

日本は国際司法裁判所に訴える構え

23日にダボスで日韓外相会談が行われる(編注:原稿執筆時点2019年1月22日)。河野太郎氏は、「元徴用工問題で生じた日韓請求権協定違反状態の早期是正を康(京和)氏に促す」と言い、協定に基づく政府間協議を受け入れるよう韓国政府に要求すると息巻いている。

つまり、これは例の「30日以内」の回答要求を念押しするということで、国際司法裁判所に提訴することを前提にした上での、その形式的な既成事実を積み固める外交だろう。ダボスでどういう応酬があるか、修羅場があるか不明だが、双方が妥協して歩み寄る図は考えにくい(編注:河野外相は23日、日韓外相会談で早期に二国間協議に応じるよう要請するも、韓国の康京和外相は従来の立場を述べるにとどめ、進展なしという結果に終わっています)。

韓国と揉めれば内閣支持率が上がる

今回の日韓問題では、とにかく安倍晋三の側は、韓国と悶着を起こして騒ぎを拡大すればするほどよく、問題を紛糾させればさせるほどマスコミが韓国を叩いてくれ、韓国と喧嘩する安倍晋三を支持する世論を国内に醸成してくれる。

サンデーモーニングが韓国を悪者にして攻撃し、反射の効果で安倍晋三を善玉に仕上げてくれる。国会を控え、選挙を控えて、これ以上格好の支持率維持装置はない。

時事通信の18日の世論調査で、内閣支持率が前回より4.6ポイント増の43.5%となったが、韓国との問題が影響していることは間違いなく、安倍晋三の支持率上昇に寄与している。

Next: 本当に国際裁判で勝てるのか?マスコミの論調は自信満々だが…

1 2 3 4

文中に紹介されている価格については、掲載日時点のものとなります。実際の価格は購入先ページでご確認ください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい