fbpx

「4月追加緩和」のプレゼントで、日銀は市場を口説き落とせるか?=武田甲州

気になるデータ~2012年と「真逆」の動きが始まっているかもしれない

気になるデータがありますので、ご案内しておきます。

為替の週足チャートで25週線75週線の動きを見ると2012年10月にゴールデンクロスを達成。そのころのドル円為替は80円前後。それから2015年には125円台まで5割以上も円安進行しました。さすがゴールデンクロスです。

米ドル/円 週足(SBI証券提供)

米ドル/円 週足(SBI証券提供)

ところが3月第2週になって今度は25週線と75週線がデッドクロスしてしまいました。日本経済にとって悪いニュースのように思われます。

本当にデフレ突入してしまうかもしれませんので、用心しておきたいものです。

【関連】止まらない円高で株価はどうなる?「安倍政権の終わりは株高の終わり」=長谷川雅一

1 2

週刊 証券アナリスト武田甲州の株式講座プレミアム』(2016年3月21日号)より一部抜粋
※太字はMONEY VOICE編集部による

初月無料お試し購読OK!有料メルマガ好評配信中

週刊 証券アナリスト武田甲州の株式講座プレミアム

[月額550円(税込) 毎週月曜日]
証券アナリスト武田甲州が、経済やマーケットの先読み・裏読み情報を毎週月曜日に発行。2008年3月のセミナーでは米国で最大300兆円の公的資金投入を予想。2008年9月末時点で米国のゼロ金利、量的緩和政策実施を予測するなど大胆な未来予測情報もあります。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい