fbpx

ヤフーの成長はAmazon以上!楽天やメルカリは?コロナ特需の日米EC企業まとめ=シバタナオキ

Shopify:取扱高YoY +119%

次に、Shopifyについて確認してみましょう。
※参考:Shopify Q2 2020 Results

Q2 2020のGMV(流通取引総額)はYoY+119%と非常に大きく成長しています。こちらは、アメリカのEC化率と同程度の2倍成長となっています。

eBay:取扱高YoY +29%

次にeBayの決算書を見てみましょう。
※参考:eBay Q2 2020 FINANCIAL HIGHLIGHTS

USセグメントがYoY+35%、Int’l(International)セグメントも合わせた合計でみると、YoY+29%となっています。

AmazonやShopifyと比較すると見劣りしますが、直近1年はほぼ横ばいに推移していた中で伸長していることがとても印象的です。

楽天:取扱高YoY +15.2%

次は国内の代表的なECの1つである楽天です。
※参考:2020年度決算短信・説明会資料|楽天株式会社

国内ECセグメントのGMVは、YoY+15.2%成長となっています。米国企業の伸長具合と比較すると少し見劣りするものの、1兆円近くの取扱高で推移している中、さらに成長しているのは圧巻の一言です。

楽天の成長理由についてもう少し細かい情報掲載されていたのでご紹介します。

こちらのスライドを見ると、楽天市場のGMV(楽天資料内ではGMS)が向上した要因の1つとして、新規及び復活購入者数が向上し、注文件数が向上したためのようです。

コロナによってEC需要の面が広がったことが見えてきますね。

Next: ヤフーの成長率はAmazonより上!メルカリの日米それぞれの事業は…

1 2 3 4
いま読まれてます

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー