fbpx

日産がバイデン政権で復活か。新型EVアリア投入でテスラの有力対抗馬に=栫井駿介

日産 vs テスラ

日産の強みと言いますと、他の自動車会社に比べても電気自動車の先駆者ということで、この電気自動車の技術、それからこの安全性能に関しても高い技術を持っているという風に言われています。

そして何より、アメリカにおける生産販売網を持っています。生産販売台数が6位で7.9%ということなんですが、この販売網というのが結構大きくなってきます。

テスラはあくまで自前で販売網を作っているので、これを構成していくには時間がかかります。

日産だとディーラー網をすでに築いていますから、このアリアをどんどんそのディーラーで売る事ができます。

自動車会社の強みを左右するのは、技術・ブランド・生産能力・販売網・コストだという風に見ています。

201119nissann_1

技術に関しては日産はあるという風に言われていて、一方でテスラも電気自動車と自動運転の技術というのをどんどん進めています。これはまだテスラに分があるのではないかという風に思います。

ブランドに関しては、日産のブランドが低下しているというところもありますが、みんな知っているというところあります。テスラもそれなりにあります。

それから生産能力。ここは歴然な差がついてくると思います。日産はこれまで何百万台何千万台と車を毎年作っているので、生産能力に関してはあると思います。一方でテスラはこれが弱いという風に言われていまして、なかなか量産化に際しては不具合があったり、そういった事がまだ目立つという風にも言われます。

販売網関してはテスラが自前で作ろうとしているのに対して、日産はディーラー網を築いていますから、売る事は割と容易いという風に考えています。

コストに関しては両社はまだ大きな違いがないのではないかと思います。

例えばトヨタだとガソリン車中心で、しかも系列の下請け、孫請けの会社をどんどん作っています。これがガソリン車から電気自動車になると部品点数が3分の1になると言われています。もうすでに家族のようにこの下請け孫請けと会社を連ねていると、2/3をごっそり切らないといけないということになります。これがネックとなってトヨタは電気化に舵を切れないというところがあります。

一方で日産は、ゴーンさんが行ったリバイバル計画によって、多数の系列の会社をバンバン切っていきましたから、その重しというのはトヨタに比べたら無いということができます。

したがって日産が今後どんどん電気自動車に舵を切るということができるならばこれから期待できると考えています。

Next: ルノーの日産売却もありえる。売却先は?

1 2 3 4 5
いま読まれてます

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー