水原希子を叩く「人種差別国家」日本、インドに怒濤の1900億円献上へ=ちだい

サントリーのCMに出演した水原希子さんが炎上。理由は「日本人ではないから」だそうです。差別主義者が幅を利かせる日本は、いよいよ最低の国になってきました。
(『原発ニュース最新情報』ちだい)

※本記事は、『原発ニュース最新情報』2017年9月15日, 19日号の一部抜粋です。ご興味を持たれた方はぜひこの機会に今月すべて無料のお試し購読をどうぞ。

日本が「野蛮な国」に墜ちるなら、若者は海外に脱出するしかない

水原希子さんを応援したい

皆さんは、水原希子さんを好きですか? 僕はもちろん大好きなんですけれども、実は今、サントリーのプレミアムモルツのCMに出演したことで、水原希子さんとサントリーの広報が大炎上。この国の終わりを見ているようなのです。

なぜ水原希子さんが炎上しているのか。それは、彼女は「日本人ではないから」

水原希子さんはお父さんがアメリカ人、お母さんが韓国人で、幼少の頃から日本で暮らしていて、女優やモデルとして大活躍。Instagramのフォロワーは470万人です。

水原希子さんの「」が日本人ではない。そんなのは何一つ問題ではありませんが、それを問題にしたい差別主義者たちが日本で幅を利かせ始めているのです。

実際、サントリーには「日本人ではない人間をCMに起用するな!」と主張するネトウヨの声が殺到。Twitterも大荒れ。社会の底辺で生き、日本人であることを唯一の取り柄にしたいブサイクな男女が、CMに出演するほどの活躍を見せている水原希子さんを叩きたがっているのです。

しかし、差別主義者のネトウヨたちがどれだけ水原希子さんを叩いたところで、ネトウヨの生活が豊かになることなんて1ミリもありません。「プレミアムモルツは買わない!」とかホザいているネトウヨの多くは、もともとリッチなビールを日常的に買えるほどの経済力を持ち合わせていないというオチ。

×買わない→○買えない

友達もいなければ、その発言に感銘を受ける人もいないので、フォロワー数も少ないですし、サントリーに文句を言うヘイト野郎の1アカウントでしかない。公衆の面前でウンコを投げるゴリラです。

フィフィ先生の安定感

そして、この問題にドヤ感を出しながらクソみたいなアドバイスをするババァが登場しました。フィフィ先生です。

でも、「そんなに人種差別されるのが嫌だと言うなら、本名で活動すればいいし!」そう言っているフィフィ先生が芸名なので、レーシック手術を勧めるメガネの医者を見ているようでした。<中略>

日本は人種差別が起こる野蛮な国。しかも、人種差別をしている人たちは、「保守」やら「愛国」を主張し「日本は素晴らしい」と言いたい人たち。「本名を名乗れ!」と言いながら、自らの匿名性は必死で死守するような人種差別者が平気で汚い言葉を吐く国。

そんな国を「俺たちは素晴らしい!」と自画自賛しているネトウヨのオジサンは、脳味噌がイカれているとしか思えません。この国の差別をしているバカタレには、毅然とした態度で臨みたいものです。

Next: ネトウヨ歓喜?インドに円借款1900億円、返ってくる見込みナシ

1 2

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー