【レイプ疑惑】元TBS記者・山口氏「言い逃れ」の絶対感覚、その源流とは=三宅雪子

不起訴となった元TBS・山口敬之氏の話を聞いていると、それが嘘だとかいう以前に「あ、これ自分で自分のやったことを告白してしまっている」と感じます。(『三宅雪子の「こわいものしらず」』三宅雪子)

※本記事は有料メルマガ『三宅雪子の「こわいものしらず」』2017年11月3日号の一部抜粋です。ご興味をお持ちの方はぜひこの機会にバックナンバー含め今月分すべて無料のお試し購読をどうぞ。

プロフィール:三宅雪子(みやけ ゆきこ)
元衆議院議員。玉川学園女子短大、共立女子大学を卒業。テレビ局勤務を経て、2009年群馬4区で民主党から立候補し、比例復活当選。現在は、執筆やネット配信、福祉や介護のアドバイザーなどをしながら政治活動を行っている。

「復帰おめでとう会」って…見過ごせないマスコミ人の浮世離れ

マスコミの常識は世間の非常識

知人から1冊の本が届きました。レイプ被害に遭ったと訴えているジャーナリスト伊藤詩織さんの『Black Box』です。知人いわく、読んでいる間「何回か手が止まってしまった」とのこと。その意味がわかるでしょうか。

この事件について、今まで私はコメントを避けてきました。まず、両者を知らないのと、マスコミで長らく勤務していたこともあり、その現状を知りすぎているせいもあります。その現状とは世間の一般常識とはかけ離れたものです。

検察審査会で「不起訴相当」が決まり、みそぎが終わったとばかりに山口氏が雑誌に手記を発表したり、ネット番組に露出をし始めました。ネット番組ではシャンパンやワインが並べられ、さながら復帰おめでとう会のようでした。

山口氏が書いたり話していることを聞いて、その話が嘘だとかではなく「あ、これ自分で自分のやったことを告白してしまっている」と感じました。つまり、山口氏が「罪ではない」と信じ込んでいることは、マスコミという特殊な空間で、しかもそういうことに寛大な環境で許されてきたことなのです。「一般的には通用しない」ことだとまったく気がつかずにいるのです。

既婚者が酔っぱらいをホテルへ送る?

私見ですが、逮捕が直前で止められたかは疑念が残りますが、彼の主張は民事では厳しいのはないでしょうか? そもそも酔った人を送るのが、なぜ自宅でも病院でもなくホテルなんだろうという素朴な疑問も残ります。

なぜか、問題になっていませんが、そもそも山口氏は、少なくとも事件当時は既婚者だったはずです。日頃、不倫不倫と責め立てるメディアはなぜかこの件には触れません。山口氏は老父が入院したと同情を買おうとしていますが、「奥さんはどうなっているの?」と思ってしまいます。山口氏の奥さんと思われる女性はいつからかフェイスブックでは山口の名前を消して旧姓に戻っていました。ワシントン在住となっています。

『Black Box』はまだ最初の数十ページを読んだところですが、あらかじめ聞いていたとおり、あまりにもリアルで読み続けるのがつらいです。実は、事件が起きたのはうちから数分の距離にあるホテルなんですよね。そういうこともあり、その場面が想像できてしまうんです。

民事の動向を見定めながら、山口氏とそのオトモダチのこれからの様子を見守って(見張って)いこうと思います。

Next: マスコミだけではない、日本では司法の常識も狂っている

1 2

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー